発言者のセーフティーが守られた”哲学対話”=あなたの好きは?

3時間 15,000

東京都 渋谷
  • フリートーク/雑談/グルメ
  • 最終ログイン 3年弱前
  • 対面
  • 東京都
  • 場所 渋谷
  • 発行日 5年弱前 最終更新 5年弱前
  • 「「「「「「コミュニケーションを恐れていないかい?」」」」」」

    きっと、人を好きになれないのも、好きを伝えられないのも、誰かの話を聞けないのも、きっと私たちが「失敗したらどうしよう...?」や「きっと責められるに違いない」といったコミュニケーションに対して恐れを抱いているからだ!!!!という仮説を立ててみました。
    この恐れをどうやったら乗り越えられるのか?
    簡単です。

    「「「「「慣れればいいのです!!!」」」」」

    スポーツも勉強も基本的には、そのやり方に慣れていくことから始まります。どんな人であっても、初めは自分の思ったように体を動かすことができないし、頭を動かすことができません。
    たくさんトライして、たくさん失敗して、その中で気づいていけばいいのです。
    しかし、コミュニケーションについてはそれを実行する上で大きな問題があります。

    「「「「「「慣れる機会が全くない!!!!」」」」」」」

    だったら、そんな機会を作ればいいじゃないか!
    でもただ失敗していくだけなのも、かえって自信をなくしかねない。そんなわけで、みんながどんなことに恐れを抱くのかについて考えて、それぞれどんな環境だったらその恐れがなくなるのかを考えました。

    「こんなこと言って、嫌われてしまったらどうしよう」
     →どんなこと言っても受け入れられる環境
    「自分に変なイメージをつけたくない」
     →固定観念的なイメージをつけられない状況
    「誰かの前で失敗するのが怖い」
     →一番派手に失敗した人が褒められる環境
    ということを考えたら、
    何を言っても批判されず、自分の意見を安心して言える環境
     →対話における発言者の「安全性(セーフティ)」の保証
    勝手な固定イメージをつけられず、ありのままの自分でいれる
     →演劇における虚構性と「表現」という文脈

    相手の話を聞いた上で自分の考えを見つめ直す「対話」

    非日常の中で動くことによって、自分の中に眠る感性を増幅させる「演劇」

    この二つをうまく組み合わせればきっと、コミュニケーションの壁を乗り越える練習ができるかもしれない。

    そうしてできたのが、この「好き」で伝えるプレゼン講座!!

    コミュ力に自信がある人もない人も、声が大きい人も小さい人も、何かを表現することが苦手な人も得意な人も、どんな人でも構いません。

    あなたの中に眠っている表現力を呼び覚ましませんか?

このチケットのホスト
Xxdabpeb50ytysanwbm2

庄古 和馬

最終ログイン 3年弱前

初めまして! 出身は静岡県で、高校は岐阜とカナダの、ホームレス早稲田生です。 『シェアハウス「Myhome」』 静岡県浜松市拠点の国際交流基地運営中です 。 『YOPPIE留学』 1 ,地方の中・高・大生対象の留学提案サービスと 2 ,「LetsGo登校拒否!」低所得者層向け留学塾を行っています。

チケット購入手続きへ進む
  • 承認率 -
  • メッセージ既読率 100%
  • メッセージ平均返答時間 4時間以内
  • ポジティブな評価 -
  • レビュー 0
  • いいね 0

レビュー

まだレビューは登録されていません

同じカテゴリーの人気チケット

知識・スキル・経験を売買する

次の時代のマーケットプレイスへ