S0n3tmj4fj9xxmwd7nvb

ブランディングの話をさせて戴きましたが、何より関さんが聞き上手なので、あっという間に時間が過ぎました! 引き出しを沢山お持ちの方で、発信者として素敵な仕事をこれからどんどんされる方だと思いました。 - 青木 誠, ブランディング用に!サプライズプレゼントに!オリジナル...

Pdihsb3pchthx6tqvtqb

大変おおらかな雰囲気で、時間を共有することができました。こちらから書道体験を共有する時間でしたが、逆に、とても刺激的なお話を伺うことができました。ありがとうございました。 - 小杉 卓, 大学で日本文学/法学を学び、今は書道家として活動してい...

Khlvav6o7kvke9ufo2lr

関さん、この度はチケットをご購入いただき、ありがとうございました! 実は、試しでチケットを発券してはみたものの、セミナーや哲学対話・ダイアローグなど、初対面でも複数の方とお話する機会はありましたが、初対面で1対1の対話となると、信頼性や安全性といったものが必要になるし、そもそも普通の人でしかない私のチケットを購入してくれる人が居るのだろうか。。まあ購入するとしたらきっと変わった人だろうし、なるようになるさ〜という、真面目さと適当の狭間で、期待半分・不安半分な状態でした。(どうでもいいタイトルのチケットを発券してたのはその精神状態からだと思いますw) だから、実際に購入いただいたお知らせメールを受け取った時は、ご指名でお仕事をいただいた”ような”脳天に来る程の嬉しさと、「買われてしまった。どうしよう。」という不安が正直ありました(笑) でも、実際のやり取りやチケット名というテーマ(コト)で繋がるということで、人は想像以上に自由に繋がることができるものなんだと感じさせられました。 今回の”私個人の時間”に”自ら付けた価値”というチケットを購入いただいた経験は、仕事を外した自分は価値を持てているのか、人間の価値とは何か、それを提供し対価をいただくということはどういうことか、ということを考えさせられる体験でした。そこには自身を自ら評価しその責任を負うという、逃げ隠れのできない、真価を問われるような心持ちがしました。 TimeTicketとは文字通り「時間を売るチケット」ですが、人間にとって時間とは有限であり、それは命を売るチケットでもあると思います。この遊びの中で、学び気付きを得て成長していくことで、自らの命の価値を上げる事が、人生の質を上げる事に繋がるのではないでしょうか。 初めて購入いただいた方が関さんで本当に感謝しています。今回、貴重なお時間をご一緒させていただき、本当にありがとうございました。またお話させていただけたら嬉しいです。今後とも、よろしくお願いいたします。 - 荒川喜子, イベント会社勤務・70人のシェアタワー在住。 好きな...