1時間 5,000

  • 伊藤 聡
  • 最終ログイン 12ヶ月前
  • 東京都
  • 場所 渋谷近郊
  • 発行日 約6年前 最終更新 約6年前
  • ターゲットを定めてから企画/サービスを作るのが普通ですが、アイデアからサービスを作る事だってあると思います。
    手探りでいろいろな機能を実装していってもいいのですが、無駄な労力をかけたくないと言うのが正直なとこだと思います。

    性格学的な視点から、あなたのサービスを求めているユーザーの人格を固めて、お伝えします。
    後は、その性格に合ったUIや機能を実装していけば、無駄なコストをかけずにサービスを成長させられると思います。

    1.サービスの内容をヒアリング

    2.ヒアリングした情報から人格(ペルソナ)を仮定

    3.サービスの方向性を助言

    わかりづらいので、例を作りました。

    例)
    「TimeTicketという自分の時間を売るサービスを作りたい!」

    1.サービスの内容をヒアリング(省略します)

    2.ヒアリングした情報から人格を仮定

    まず、人と接するという前提のサービスですので、活発で、他人に興味がある、アクティブな人間がターゲットになると思います。
    さらに、「この仕組みで何か面白い事が生まれるのではないか?」という想像力のある人が興味を惹かれます。
    また、チケット自体が極めて細かい粒度で設定できる、柔軟な印象を与えるため、きっちりとした性格の人には少し重たいサービスに見えるかもしれません。
    最後に、人とふれあうためにチケットを買う人、自分の目的の為に使う人と、ターゲットが2分化されます。

    浮かぶ人物像は「おしゃべりな企業家」や「好奇心旺盛なクリエーター」です。
    強い共通点は「外からの情報にひらめく」という部分です。

    このタイプは最後までやりきるのが苦手だったり、事実関係を無視して事を運ぶことが多いです。

    3.サービスの方向性を助言

    ・「リピーターの増加」を狙う
    このサービスを好んで利用する人は、下記のような作業が苦手です。

    > 一人で行う連続的な作業
    > 事実関係を深く掘り下げて見て行くという作業
    > 他、順然に作業をこなしていく事

    なので、データや経験に基づく確固な事実やアドバイスするような人との出会いを求めています。

    その手のチケットをピックアップ、あるいは特集を組む、あるいは「全てのチケットがそう見える」ようにする施策が有効です。

    また、そういったデータや事実関係を得意とする人は、「何かを積み立てて行く」事に好感を覚えます。
    Lvやポイントのような概念を見せてあげる事で、チケット出品へのモチベーションを持続させられます。

    ・「利用者の増加」をねらう
    より直感的に操作できるUIを提供し、期待感を煽るデザインを取り入れる事で、ユーザーの拡充が狙えます。
    一見意味のない動きも、彼らのインスピレーションを刺激するため、効果的です。

    ・「チケットの売り手の増加」を狙う
    TimeTicketは、チケットを買う側と売る側で理想の人格が異なります。
    買う側は外向的な人(人と人との間を活発に動き回る)
    売る側は内向的な人(自分の確固たる意見を持っている)
    がそれぞれ理想と言えます。

    ここでは、内向的な人に、よりチケットを出してもらう必要があるという課題が発生します。
    彼らは「受動的である」と言う事と、「親しい間柄の人を好む」という面を持つため、『紹介』の仕組みを利用した施策が効果的だと考えられます。

    以上のように、浮き彫りにしたターゲット像に合わせて施策を考えることで、極めてロジカルに施策内容を発案/選定することができます。

    もし、あなたが自分のサービスの向かう方向を見失っていたり、疑問を感じていたら、すぐにこのチケットを購入してください!

    きっとお役に立てると思います。

このチケットのホスト
Kewvxthpt4rja2eyz9kj

伊藤 聡

最終ログイン 12ヶ月前

http://vertexes.net

ログインして購入手続きへ
  • 承認率 -
  • メッセージ既読率 100%
  • メッセージ平均返答時間 5分以内
  • ポジティブな評価 100%
  • レビュー 2
  • いいね 1

レビュー2 件

同じカテゴリーの人気チケット

わたしの30分、売りはじめます。

あなたの30分、買ってみます。