12%OFFクãƒŧポãƒŗå¯žčąĄ
1%ポイãƒŗãƒˆãƒãƒƒã‚¯å¯žčąĄ

2時間 79,200円 90,000円

  • Naoki
  • 最įĩ‚ログイãƒŗ į´„17時間前
  • 寞éĸ
  • æąäēŦéƒŊ
  • 場所 éēšį”ēã€ã¨ããŠãåå¤åą‹or大é˜Ēor愛åĒ›
  • į™ē行æ—Ĩ 9ãƒļ月前 最įĩ‚æ›´æ–° 4ãƒļ月前
  • â€ģ3月16æ—Ĩは大é˜Ēoråå¤åą‹ã€3月23æ—Ĩは愛åĒ›įœŒæžåąąå¸‚oräģŠæ˛ģ市į”¨ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§ã™ã€‚

    ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’ã”čĻ§ã„ただきありがとうございぞす。

    ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§æ§˜ã€…ãĒį¨ŽéĄžãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’į™ēčĄŒã•ã›ãĻã„ãŸã ãã€ãŸãã•ã‚“ãŽæ–šã¨ãŠčŠąã—ã•ã›ãĻいただいãĻおりぞすが、äģŠãžã§ãŠäŧšã„した斚々から一į•ĒごčĻæœ›ãŽå¤šã„æĄˆäģļãĢついãĻ、期間限厚で原験įš„ãĢį™ēčĄŒã•ã›ãĻいただきぞす。

    ã“ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§ã¯į§ãŒæ ĒåŧæŠ•čŗ‡ã‚’通じãĻčŗ‡į”ŖをåŊĸ成した原際ぎįĩŒé¨“čĢ‡ã‚’提䞛しãĻいきぞす。
    īŧˆåŽ‰æ˜“で手čģŊãĒå„˛ã‘čŠąã§ã¯ãĒく、一į”ŸäŊŋえるéĒ¨å¤ĒãĒæœŦį‰ŠãŽæŠ•čŗ‡ãŽč€ƒãˆæ–šã‚’įŸĨりたいäēēãĢãŠã‚šã‚šãƒĄã§ã™ã€‚īŧ‰ã€€
    お金や副æĨ­ã€ãƒ“ã‚¸ãƒã‚šã¨ã„ã†ã‚ˆã‚Šč€ƒãˆæ–šãƒģį”Ÿãæ–šãĢé–ĸã™ã‚‹ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã¨ã„ãŖた斚がピッã‚ŋãƒĒくるかもしれぞせん。

    ■ įĩŒé¨“ãƒģ原į¸žãƒģã‚šã‚­ãƒĢ
    ãƒģ20åš´äģĨ上æ ĒåŧæŠ•čŗ‡ãŽįĩŒé¨“がありぞす。
    ãƒģ初めãĻぎ投čŗ‡ã¯å­Ļį”Ÿæ™‚äģŖãĢã‚ĸãƒĢãƒã‚¤ãƒˆã§č˛¯ã‚ãŸ20万円ぎå›Ŋ内æ Ēåŧã§ã—たが、CAGR25%äģĨ上ぎ運į”¨ãĢ成功し、įžåœ¨ã§ã¯å›Ŋ内æ Ēåŧã¨æ ĒåŧæŠ•čŗ‡ã‹ã‚‰åž—たįžé‡‘合わせãĻčŗ‡į”Ŗ1億円をčļ…えãĻいぞす。
    ãƒģæ ĒåŧæŠ•čŗ‡ãĢかけãĻいる時間はīŧ‘æ—ĨåŊ“たりåšŗ均30分、嚴間åŖ˛č˛ˇäģŖ金įˇéĄã¯2018嚴で14億円です。

    ■ 時間内ãĢ提䞛できること
    ãƒģåĨ¨å­Ļ金をčŋ”済しãĒがらã‚ĸãƒĢãƒã‚¤ãƒˆã§č˛¯ã‚ãŸå…ƒæ‰‹20万円をčŋŊ加投čŗ‡ãĒしで1億円äģĨ上ãĢåĸ—やしたæ ĒåŧæŠ•čŗ‡æ–šæŗ•ãĢついãĻ、æˆĻį•ĨぎčĒŦ明ãƒģįĩŒé¨“čĢ‡ãŽã‚ˇã‚§ã‚ĸãƒģ原際ぎã‚Ēãƒŗナイãƒŗč¨ŧ券åŖåē§ã§é–‹į¤ēできるį”ŸãŽãƒ‡ãƒŧã‚ŋ提į¤ēãĒãŠã‚’čĄŒã„ãžã™ã€‚īŧˆãƒĄãƒŗテナãƒŗã‚šãĒおでč¨ŧ券äŧšį¤žãŽã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ãŒį¨ŧ働しãĻいãĒいときはã‚ŗピãƒŧで寞åŋœã—ぞすīŧ‰

    ■ こんãĒäēēãĢおすすめ
    ãƒģæ ĒåŧæŠ•čŗ‡ãĢ興å‘ŗをもãŖãĻいる斚īŧŒãžãŸã¯įĩŒé¨“ぎある斚。
    ãƒģ将æĨįš„ãĢįĩŒæ¸ˆįš„č‡Ēį”ąã‚’įĸēäŋã—ãŸã„ã¨č€ƒãˆãĻいる斚
    ãƒģ切りåŖぎ違ãŖた投čŗ‡æˆĻį•Ĩをå­Ļãŗたい斚
    ãƒģč‡Ēåˇąč˛Ŧäģģで投čŗ‡ãŒã§ãã‚‹æ–šã€‚
    â€ģį§ãŽå›Ŋ内æ ĒåŧãƒãƒŧトフりãƒĒã‚Ēはおį¤ēã—ã§ããžã™ãŒã€å…ˇäŊ“įš„ãĒ銘柄推åĨ¨ã¯ã—ぞせん。投čŗ‡ã¯ãã‚Œãã‚Œã‚‚č‡Ēåˇąč˛Ŧäģģã§ãŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã€‚

    ■ åŊ“æ—Ĩぎæĩã‚Œã¨ã‚šã‚ąã‚¸ãƒĨãƒŧãƒĢ
    1. 挨æ‹ļ
    2. ã“ãĄã‚‰ã‹ã‚‰ãŽã”čĒŦ明
      a. 原į¸žã‚’į¤ēすデãƒŧã‚ŋぎ開į¤ēīŧˆč¨ŧ券äŧšį¤žãŽã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ äŧ‘æ­ĸぎ場合はį”Ÿãƒ‡ãƒŧã‚ŋīŧ‰
      b. 投čŗ‡ãĢ寞するビジョãƒŗとåŸēæœŦæˆĻį•ĨぎčĒŦ明
      c. 原䞋をį”¨ã„たã‚ĒペãƒŦãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗぎč§ŖčĒŦ
    3. 個åˆĨぎčŗĒ問ãĢ回į­”
    4. č§Ŗæ•Ŗ

    ■ čĒŋ整可čƒŊãĒ曜æ—Ĩãƒģ時間帯
    ãƒģåšŗæ—Ĩ19時30分äģĨ降
    ãƒģ土曜æ—Ĩ/æ—Ĩ曜æ—Ĩ 13時から18時

    ■ čŗŧå…ĨãĢあたãŖãĻãŽãŠéĄ˜ã„
    ãƒģåŊ“æ—Ĩぎおį”ŗしčžŧãŋã¯ã”é æ…ŽéĄ˜ã„ãžã™ã€‚
    ãƒģ3æ—Ĩから1é€ąé–“å‰åžŒãŽäŊ™čŖ•ã‚’持ãŖたæ—Ĩ時でおį”ŗしčžŧãŋください。
    ãƒģčŗŧå…Ĩį”ŗčžŧ時ãĢįŦŦ三希望ぞでæ—Ĩ時をおįŸĨらせください。

    ■ よくあるčŗĒ問
    Q. åģļé•ˇã—ãŸå ´åˆã¯ãŠã†ãĒりぞすかīŧŸ
    A. åģļé•ˇæ™‚é–“åˆ†ã‚’åˆĨ途ごčŗŧå…Ĩください。

ã“ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŽãƒ›ã‚šãƒˆ
Qzdhciuienakst20ijp3

Naoki
金融ãƒĒãƒ†ãƒŠã‚ˇãƒŧぎã‚ŗãƒŧチãƒŗグ

最įĩ‚ログイãƒŗ į´„17時間前

äēēとぎå‡ēäŧšã„がåĨŊきでã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§150äēēäģĨ上ぎ斚とおäŧšã„しãĻぞす。不動į”Ŗãƒģæ ĒåŧãƒģäģŽæƒŗé€šč˛¨ãŽäģ–エãƒŗジェãƒĢ投čŗ‡åŽļとしãĻæ´ģ動。96åš´ãĢå…ąåŒéĻŦä¸ģとしãĻJRAぎG1ãƒŦãƒŧã‚šå„Ē勝。čąĒåˇžã§ã‚‚éĻŦä¸ģ。12嚴よりå›ŊåŽļčŗ‡æ ŧキãƒŖãƒĒã‚ĸã‚ŗãƒŗã‚ĩãƒĢã‚ŋãƒŗトでã‚ŗãƒŧチãƒŗグ原æ–Ŋ。JapanTimesčĒåŽšTOEICčŦ›å¸Ģ。16嚴より20æ­ŗäģŖぎčĩˇæĨ­æ”¯æ´ã‚°ãƒĢãƒŧプä¸ģå‚Ŧ。17åš´ãĢč˛¸ã—äŧšč­°åŽ¤ã‚’éēšį”ēã¨æ¸‹č°ˇãĢã‚Ēãƒŧプãƒŗ。18嚴よりã‚ĩッã‚ĢãƒŧクナブįĩŒå–ļ...

🏅ã‚ĸワãƒŧド受čŗžč€…(2018)

✅æœŦäēēįĸēčĒčŗ‡æ–™æå‡ē済

ログイãƒŗしãĻčŗŧå…Ĩ手įļšãã¸
  • æ‰ŋčĒįŽ‡ 100%
  • ãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジæ—ĸčĒ­įŽ‡ 100%
  • ãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジčŋ”į­”時間 5時間äģĨ内
  • ポジテã‚ŖブãĒ評価 100%
  • ãƒŦビãƒĨãƒŧ 84
  • いいね 14
Naoki さんぎãģã‹ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆ

ãƒŦビãƒĨãƒŧ84 äģļ

æœŦæ—Ĩはありがとうございぞした。 2嚴かけãĻã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§100äēēをčļ…える斚々とおäŧšã„ã•ã‚ŒãŸæƒ…å ąã‚’å‡ēし惜しãŋãĒくゎãƒĨッと1時間ãĢぞとめãĻ頂き大æē€čļŗでした。 ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆåˆåŋƒč€…ãŽæ–šã¯ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€į§ãŽã‚ˆã†ãĢæ—ĸãĢäŊ•æžšã‹č˛ˇãŖたりåŖ˛ãŖたりした斚ãĢとãŖãĻも、äģŠåžŒãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆčŗŧå…ĨãŽå‚č€ƒãĢãĒã‚Šã€å¤§å¤‰ãŠã‚šã‚šãƒĄã§ã™īŧīŧ 27æ—Ĩ前
【愛情とåĨŊåĨ‡åŋƒã‚’ã‚ˇã‚§ã‚¤ã‚¯ã—ãĻį†æ€§ã‚’æˇģえたらNaokiさん】 「「ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã€ã§äŧšãŖた個性įš„でį´ æ•ĩãĒäēē々ãĢついãĻčŠąã—ãžã™ã€ ã“ãĄã‚‰ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…Ĩしぞした。 ãĄã‚‡ã„ã¨æ™‚é–“ã‚ĒãƒŧバãƒŧしãĻ90分ãģおぎéĸčĢ‡ã§ã—たが、全く時間がčļŗりぞせんでした(įŦ‘) ãģãŧã‚ĒãƒŧãƒĢジãƒŖãƒŗãƒĢãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’č˛ˇãŖãĻいらãŖしゃり、ãƒĒã‚ĸãƒĢãĢį›Žã§čĻ‹ãŸįĩŒé¨“から「ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã€ãŽč§ŖčĒŦを戴きぞした。 â—ã“ã‚Œã‹ã‚‰ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’å‡ēしたいäēē ●ãĒãĢã‹ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’č˛ˇãŖãĻãŋたいäēē ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãƒ“ã‚ŽãƒŠãƒŧぎ斚へはį‰šãĢ、ごčŗŧå…Ĩをおč–Ļめしぞすīŧ これぞでぎキãƒŖãƒĒã‚ĸも非常ãĢ興å‘ŗæˇąã„æ–šã§ã€ãžã ãžã æ•™ãˆãĻいただきたいことがたくさんありぞす。 čŋ‘ã„ã†ãĄãĢ、ぞたおäŧšã„したいと思ãŖãĻいぞす。 ありがとうございぞしたīŧ 2ãƒļ月前
ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’å§‹ã‚ã‚‹ãĢã‚ãŸã‚Šã€æœ€åˆãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…ĨさせãĻ頂きぞした。 Naokiã•ã‚“ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’é¸ã‚“ã§ã€ã¨ãĻã‚‚č‰¯ã‹ãŖたと思いぞした。 å„Ēしいおäēē柄がうかがえãĻ、įˇŠåŧĩせずãĢãŠčŠąã§ããžã—ãŸã—ã€č‰˛ã€…ãĒ斚とおé€ĸã„ã—ãŸčŠąã‚’čžã‹ã›ãĻ頂いãĻ、とãĻã‚‚å‚č€ƒãĢãĒりぞした。 ãžãŸã€č‰˛ã€…ãĒã‚ĸドバイ゚もありがとうございぞす。 äģŠåžŒã‚‚おäģ˜ãåˆã„させãĻいただきたいと思える斚で、こぎごį¸ãĢ感čŦã—ãĻいぞす。 4ãƒļ月前
NaokiさんはとãĻもį´ æ•ĩãĒ斚でしたīŧã™ã”くå„Ēしいã‚Ēãƒŧナぎ斚で、とãĻも有意įžŠã§æĨŊしい時間を過ごせぞした:) 様々ãĒæĨ­į•Œã‚„投čŗ‡ãĢé–ĸする大変åŊšãĢįĢ‹ã¤æƒ…å ąčĒ ãĢありがとうございぞす。äģŠæ—ĨからすぐãĢ原čˇĩしぞすīŧįŦ‘ 5ãƒļ月前
「【副æĨ­ã€‘æ°‘æŗŠã‚ˆã‚Šå„˛ã‹ã‚‹č˛¸ã—äŧšč­°åŽ¤įĩŒå–ļを成功させるã‚ŗãƒ„æ•™ãˆãžã™ã€ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…ĨさせãĻいただきぞした。原際ãĢįžåŊšã§į¨ŧいでらãŖã—ã‚ƒã„ãžã™ãŽã§ã€č˛¸ã—äŧšč­°åŽ¤ãŽãƒ“ジネ゚ãƒĸデãƒĢを、よりãƒĒã‚ĸãƒĢãĒčĻŗį‚šã‹ã‚‰ã”æ•™į¤ēã„ãŸã ããžã—ãŸã€‚ãžãŸã€č˛¸ã—äŧšč­°åŽ¤ã¯Naokiさんが手がけãĻいるビジネ゚ぎ一部でしãĻ、そぎäģ–ãĢも様々ãĒ収å…ĨæēãŒã‚ã‚Šã€ãŠčŠąã‚’čžã„ãĻいãĻとãĻも勉åŧˇãĢãĒり、充原した時間を過ごすことができぞした。  抟äŧšãŒã”ざいぞしたら、æŦĄå›žã¯æ ĒåŧæŠ•čŗ‡ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŽčŗŧå…Ĩã‚‚æ¤œč¨Žã—ãŸã„ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚ 5ãƒļ月前
「ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã€ã§äŧšãŖた個性įš„でį´ æ•ĩãĒäēē々ãĢついãĻčŠąã—ãžã™ã€ã‚’čŗŧå…Ĩしぞした。 naokiさんはį§ãŽčŗŧå…Ĩ意å›ŗをåŗåē§ãĢį†č§Ŗし、ã‚ĸãƒŦãƒŗジしãĻãŠčŠąã—ãĻくださいぞした。 内厚は非常ãĢ大æē€čļŗですīŧ ぞた、naokiさんはäēēとしãĻぎ器が大きいです。 äēē望があつぞるぎもį°Ąå˜ãĢį†č§Ŗできぞす。 そしãĻį§ã¯naokiさんが上司だãŖたら、間違いãĒくついãĻいきぞす。įŦ‘ äŧščŠąãŽé›°å›˛æ°—つくりも非常ãĢうぞいãĒと感じたぎで、吸収できる部分は吸収しãĻį§ã‚‚é›°å›˛æ°—ã¤ãã‚Šã‚’įŖ¨ã‹ãĒいとãĒというčĒ˛éĄŒã‚‚čĻ‹ã¤ã‹ã‚Šãžã—た。 īŧˆã“ぎ部分は、勝手ãĢčĒ˛éĄŒč§ŖæąēしãĻおきぞす。įŦ‘īŧ‰ こぎåēĻは、お時間äŊœãŖãĻいただきæœŦåŊ“ãĢありがとうございぞした。 6ãƒļ月前

åŒŋ名ãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧ

...

č‰˛ã€…ãĒ斚とおäŧšã„しãĻã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’æĨŊしぞれãĻいるぎがよくわかりぞした。 個性įš„でį´ æ•ĩãĒäēē々ãĢついãĻãŽãŠčŠąã‚‚éĸį™ŊかãŖたですが、そんãĒNaokiさんごč‡ĒčēĢãŽãŠčŠąãŒä¸€į•Ēéĸį™ŊかãŖたです。 多åŊŠãĒごįĩŒé¨“ã‚’ãŠæŒãĄã§ã—ãŸã€‚ 6ãƒļ月前
Naokiã•ã‚“ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã¯é€šįŽ—īŧ–æžšį›Žã§ã€äģŠå›žã¯ã€Œ20万円を1億円ãĢ掖やしたæ ĒåŧæŠ•čŗ‡đŸ’°ã€€ãƒ‡ãƒŧã‚ŋ開į¤ēでčĒžã‚Šãžã™ã€ã‚’čŗŧå…ĨさせãĻいただきぞした。ここ数か月やīŧ‘åš´į¨‹åēĻãŽå„˛ã‘čŠąįš„ãĒčŠąã§ã¯ãĒく、嚞åēĻもあãŖãŸé‡‘čžåąæŠŸã‚’äš—ã‚ŠčļŠãˆãĻぎīŧ’īŧåš´ã‚ĒãƒŧバãƒŧぎäŊ“験čĢ‡ãŒčžã‘ぞす。æ—Ĩ々刊įĸēされãĻã„ã‚‹é‡‘éĄã‚„é…åŊ“é‡‘éĄãĒおぎデãƒŧã‚ŋもčĻ‹ã•ã›ãĻãŋã‚‰ãˆãžã™ãŒã€ããŽé‡‘éĄã‚’čĻ‹ã‚‹ã ã‘で投čŗ‡ãĢ寞するãƒĸチベãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗãŒä¸ŠãŒã‚Šãžã™ã€‚é‡‘éĄãŒå‡„ã„ã§ã™īŧåŋ…勝æŗ•ã‚„čŖæŠ€ãŽã‚ˆã†ãĒもぎ、ぞたåŗ金性があるわけではãĒいぎで、おãĒたãĢもお勧めできる内厚ではありぞせんが、投čŗ‡ã§å‹ãĄįļšã‘ãĻã„ããŸã‚ãŽč€ƒãˆæ–šã‚„ãƒ’ãƒŗトをいただいたと思ãŖãĻã„ãžã™ã€‚ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŽé‡‘éĄã‚’åŠ å‘ŗã—ãŸä¸Šã§ã‚‚å¤§å¤‰äžĄå€¤ãŽã‚ã‚‹ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã ã¨æ„Ÿã˜ãžã—ãŸã€‚ãŠã†ã‚‚ã‚ã‚ŠãŒã¨ã†ã”ã–ã„ãžã—ãŸīŧ 7ãƒļ月前
äģŠå›žã€åˆã‚ãĻã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§čŗŧå…ĨさせãĻいただきぞした。 初めãĻぎčŗŧå…Ĩãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŒnaokiã•ã‚“ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§æœŦåŊ“ãĢč‰¯ã‹ãŖたです。 č‰˛ã€…ãĒčŗĒ問ãĢ寞しãĻ、 naokiさんぎčĻ–į‚šã‚„č€ƒãˆæ–šã‚„ä¸–į•ŒčĻŗãĢč§Ļれられることができ、 とãĻもåˆēæŋ€ã‚’受けぞした。 naokiã•ã‚“ãŽčŠąã‚’ãã„ãĻいるだけで、 ãĒぜだか、とãĻもワクワクしぞした。 そしãĻã€åƒ•ãŽčŠąã‚‚čˆˆå‘ŗを持ãŖãĻ丁寧ãĢきいãĻくださり、 そぎ時間を大切ãĢしãĻいることがį„Ąæ„č­˜ãĢäŧã‚ãŖãĻきぞした。 æœŦåŊ“ãĢč‰˛ã€…ãĒčŠąã‚’ãã„ãĻいく中でたくさんぎåˆēæŋ€ã‚’いただいただけでãĒく、 åŋƒãŒã€Œã˜ã‚ã€œã€ã¨ã‚たたかく、嚸せãĒæ°—æŒãĄãĢãĒりぞした。 こんãĒãĢį´ æ•ĩãĒäēēとé–ĸわれるãĒんãĻ、 ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã™ã”ã„īŧã¨æ€ãŖãĻしぞいぞした。įŦ‘ ぞた、äģ–ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚‚č˛ˇã„ãŸã„īŧīŧã¨č‡Ēį„ļとåŋƒã‹ã‚‰æ€ãˆã‚‹ã‚ˆã†ãĒæœŦåŊ“ãĢ魅力æēĸれるį´ æ•ĩãĒ斚です。 8ãƒļ月前
初めãĻãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆčŗŧå…ĨãĢNaokiã•ã‚“ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’é¸ã°ã›ãĻ頂きぞした。įĩæžœã€ãŠäŧšã„できãĻæœŦåŊ“ãĢよかãŖたです。į–‘問ãĢ寞しãĻ丁寧かつįš„įĸēãĢį­”えãĻくださり、取りįĩ„ãŋたいことへぎハãƒŧドãƒĢがグãƒŗと下がりぞしたīŧč‰˛ã€…とごį¸ãŒã‚りそうãĒãŽã§ã€ãžãŸã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã„ãŸã—ãžã™â™Ē 9ãƒļ月前
åēĻ重ãĒるãƒĒã‚šã‚ąãĢもå„Ēしくご寞åŋœé ‚きありがとうございぞした^ ^ã“ãĄã‚‰ãŽčŠąã—ãŸã„äē‹ã‚’čŗĒ問しãĻãã ã•ã‚‹ãŽã§ã€ãŠčŠąã—ãĻいãĻとãĻもæĨŊしかãŖたです。イチロãƒŧã‚ēãƒĸãƒĢトぎäŧšäŊœã‚Šãžã—ょうīŧįŦ‘ 10ãƒļ月前

åŒŋ名ãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧ

...

先æ—Ĩはありがとうございぞしたīŧ 教えãĻ頂いた通りやãŖãĻãŋぞしたīŧ æœŦåŊ“ãĢå‡ēæĨるんですね(^^;; ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã¯åĨĨãŒæˇąã„īŧ ãžãŸæąäēŦãĢ行ãŖた時はおäŧšã„したいと思いぞすīŧ 10ãƒļ月前
こぎåēĻはお時間を頂きありがとうございぞしたīŧã¨ãĻã‚‚čŠąã—ã‚„ã™ã„æ–šã§æĨŊしい時間でしたīŧ į§ãŒč€ƒãˆãĻã„ãŸä¸åŽ‰ã‚‚æą˛ãŋ取ãŖãĻ頂いãĻæœŦåŊ“ãĢ感čŦã—ãĻいぞす。 ありがとうございぞしたīŧ 10ãƒļ月前
į™ģéŒ˛ã—ãĻ初めãĻã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…ĨさせãĻいただきぞした。100äģĨä¸ŠãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…ĨされたごįĩŒé¨“ã‹ã‚‰ã€čƒĄæ•Ŗč‡­ãã†ãĒãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŽčŖčŠąãĒお、ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŽã€Œæ°—ãĢãĒるīŧã€ã‚’いろいろとč§Ŗæļˆã§ããžã—た。ありがとうございぞした。 ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆåˆåŋƒč€…で、おうäŊŋãŖãĻいこうか悊んでいる斚ãĢã‚Ēã‚šã‚šãƒĄã§ã—ãžã™ã€‚ 10ãƒļ月前
"å‡ēé€ĸえãĻč‰¯ã‹ãŖた"と思えるį¨‹æœ‰æ„įžŠãĒ時間を過ごすことができぞしたâ˜ēī¸å„Ēしさとæ­ŖįžŠæ„Ÿæēĸれるį´ æ•ĩãĒおäēēæŸ„ã‚’ãŠæŒãĄãŽæ–šã§ã™đŸ˜ŠđŸŒ¸ 11ãƒļ月前
ãƒĒピãƒŧã‚ŋãƒŧです。äģŠå›žã¯ã€ã€ŒåˇˇãĢはãŗこる「æĨŊしãĻå„˛ã‘ã‚‹æ–šæŗ•ã€ã‚’ぞとめãĻã‚ŋネ明かししぞすīŧã€ã‚’čŗŧå…ĨさせãĻいただきぞした。į§č‡ĒčēĢã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆå†…å¤–å•ã‚ãšã€å¤šããŽį¨ŧげるįŗģãŽæƒ…å ąã‚’č˛ˇãŖãĻいぞすぎで、NaokiさんがうぞくぞとめãĻ下さãŖãŸå†…åŽšã¯ã€æˇąãé ˇã‹ã•ã‚Œã‚‹ã‚‚ãŽã°ã‹ã‚Šã§ã—ãŸã€‚ä¸€æ­Šč¸ãŋčžŧんだ内厚であãŖたり、įš„を射たčĻ‹č§ŖであãŖたりæœŦåŊ“ãĢæĨŊしぞせãĻã„ãŸã ããžã—ãŸã€‚ã“ãŽæ‰‹ãŽæƒ…å ąã‚’ã‚ãžã‚Ščžã„ãŸã“ã¨ãŽį„Ąã„æ–šãĢはうãŖãĻã¤ã‘ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚ãžãŸåŽœã—ããŠéĄ˜ã„č‡´ã—ãžã™ã€‚ 11ãƒļ月前
åˇˇãĢはãŗこる「æĨŊしãĻå„˛ã‘ã‚‹æ–šæŗ•ã€ã‚’ぞとめãĻã‚ŋネ明かししぞすīŧã‚’čŗŧå…Ĩしぞした。 「æĨŊしãĻå„˛ã‘ã‚‹æ–šæŗ•ã€įŗģãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŽäģ•įĩ„ãŋやčŖå´ã‚’įŸĨることができãĻ勉åŧˇãĢãĒりぞした。 Naokiさんぎ投čŗ‡ã¸ãŽč€ƒãˆæ–šãĢはäģĨ前からとãĻã‚‚å…ąæ„Ÿã—ãĻいたぎで、攚めãĻãŠčŠąã‚’čžã‘ãĻč‰¯ã‹ãŖたです(*^^*) 11ãƒļ月前

åŒŋ名ãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧ

...

ã€ŒåˇˇãĢはãŗこる「æĨŊしãĻå„˛ã‘ã‚‹æ–šæŗ•ã€ã‚’ぞとめãĻã‚ŋãƒæ˜Žã‹ã—ã—ãžã™ã€ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…Ĩしぞした。 äģ–äēēãĢãŠé‡‘å„˛ã‘æŗ•ã‚’äŧæŽˆã™ã‚‹äē‹ã§å„˛ã‘ãĻいるäēēぎäģ•įĩ„ãŋãĢついãĻ、įŸĨらãĒかãŖたことがå­Ļずぞした。騙される前ãĢもãŖã¨æ—Šãč˛ˇã†ãšãã§ã—ãŸã€‚ãŸã ã€å„˛ã‘čŠąãŽä¸­ãĢもãƒĒ゚クさえį†č§ŖしãĻčĄŒãˆã°ãĄã‚ƒã‚“ã¨å„˛ã‹ã‚‹ã‚‚ãŽãŒã‚ã‚‹ã“ã¨ãŒã‚ã‹ãŖたことも大きãĒ収įŠĢでした。 12ãƒļ月前
å€‹ã€…ãŽå„˛ã‘æ–šãŽãƒĒ゚クãĢついãĻや、全äŊ“像ãĢついãĻåŽĸčĻŗįš„ãĒįĢ‹å ´ã‹ã‚‰č§ŖčĒŦしãĻé ‚ããžã—ãŸã€‚ãŠé‡‘å„˛ã‘ãŽæ–šæŗ•čĢ–は多くありぞすが、それぞれぎ斚æŗ•ã¯ãŠãŽã‚ˆã†ãĢæŗ¨æ„ã—ãŸã‚‰č‰¯ã„ãŽã‹ã¨ã„ã†æƒ…å ąã‚’įŦŦä¸‰č€…ã‹ã‚‰ãŠčŠąé ‚ã‘ã‚‹ã€ã¨ãĻã‚‚č‰¯ã„ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§ã—ãŸã€‚ã”čˆˆå‘ŗある斚はNaokiさんから是非一åēĻãŠčŠąã‚’čžã„ãĻãŋãĻ頂きたいと思いぞす。 Naokiさんごč‡ĒčēĢはã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŽå…Ŧåŧã‚¤ãƒ™ãƒŗトãĢも多く参加され、ベ゚トãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧčŗžã¨ã„うčŗžã‚‚ãŠæŒãĄãĒだけあãŖãĻ、ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŒã“ã†ã‚ãŖãĻãģã—ã„ã€ã¨ã„ã†æ°—æŒãĄãŒã¨ãĻもåŧˇã„æ–šã§ã™ã€‚ãƒã‚ąãƒƒãƒˆį™ēčĄŒãŽįĩŒįˇ¯ãĒãŠãŽãŠčŠąã‚‚äŧēいぞしたがとãĻã‚‚å…ąæ„Ÿã—ãžã—ãŸã—ã€å‹‰åŧˇãĢãĒりぞした。とãĻも充原した時間を過ごさせãĻé ‚ããžã—ãŸã€‚ãœã˛äģŠåžŒã¨ã‚‚ã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã„ãŸã—ãžã™!(^^) 12ãƒļ月前
「「ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã€ã§äŧšãŖた個性įš„でį´ æ•ĩãĒäēē々ãĢついãĻčŠąã—ãžã™ã€ã‚’čŗŧå…ĨさせãĻいただきぞした。130äēēもぎ斚々とおäŧšã„されãĻいるNaokiさんですが、おぎようãĢãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’äŊŋえばæē€čļŗできるかãĢついãĻパワãƒŧポイãƒŗトをäŊŋãŖãĻãƒŦクチãƒŖãƒŧしãĻいただきぞした。äē‹å‰ãĢįĸēčĒã—ãĻおくずきことやäŧšã†å‰ãĢ気をつけãĻおくį‚šãĒおをå­Ļãļことができぞした。これからã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’äŊŋãŠã†ã¨č€ƒãˆãĻいるäēēãĢはおすすめãĒãƒã‚ąãƒƒãƒˆã ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚åƒ•č‡ĒčēĢぞだäŊŋãŖãĻぞもãĒいですが、これからもãŖとã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’æ´ģį”¨ã—ãĻã„ã“ã†ã¨æ€ã„ãžã—ãŸã€‚č˛´é‡ãĒãŠčŠąã‚ã‚ŠãŒã¨ã†ã”ã–ã„ãžã—ãŸã€‚ãžãŸæŠŸäŧšãŒã‚ã‚Šãžã—ãŸã‚‰ã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã—ãžã™īŧ 12ãƒļ月前
äēēとäŧšã†ãŽãŒåĨŊきだとおãŖしゃãŖãĻいたNaokiさん、原際おäŧšã„しãĻãŋると、įŸĨč­˜ãŽåēƒã•ã¨æˇąã•ãŒã‚ã‚ŠãĒがらも非常ãĢ気さくで魅力æēĸれる斚でした。æĨŊしい時間をありがとうございぞしたīŧ 12ãƒļ月前
気さくãĒé›°å›˛æ°—ãŽã‹ãŸã§ã€čŠąã—ã‚„ã™ãæ™‚é–“ãŒãŸã¤ãŽã‚‚ã‚ãŖというぞでした。嚅åēƒã„įŸĨčĻ‹ã‚’ãŠæŒãĄã§ã€įĒéŖ›ãĒã“ãĄã‚‰ãŽčŗĒ問ãĢも丁寧ãĢおį­”えいただきぞした。 į´„1嚴前
æœŦæ—Ĩはį§ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…ĨしãĻいただきありがとうございぞしたīŧNaokiさんは、とãĻã‚‚čŠąã—ã‚„ã™ã„æ–šã§ã€ãƒ›ã‚šãƒˆãŽį§ãŒãŠé‡‘を払いたいくらいでした(įŦ‘)100äēēäģĨ上ぎ斚ãĢäŧšãŖãĻきãĻいるとäŧēいぞしたぎで、äģŠåēĻはNaokiã•ã‚“ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’č˛ˇãŖãĻãŠčŠąã‚’čžã„ãĻãŋたいです✨ ありがとうございぞした^^!! į´„1嚴前
Naokiさん、こぎたãŗはいろいろãĒäēēãĢついãĻごį´šäģ‹ã„ただき、ã‚ĸドバイ゚もいただきありがとうございぞした。Naokiさんから勇気をいただき、äģŠč‡Ē分でもåŖ˛ã‚‹ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’į™ģéŒ˛ã—ãŸã¨ã“ã‚ã§ã™ã€‚ã†ãžãã„ãã¨ã„ã„ãŽã§ã™ãŒã€‚ãŋãĒã•ãžã‚‚ãœã˛ã€ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŒæĨŊしくãĒã‚Šãžã™ãŽã§ã€ã“ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚Ēã‚šã‚šãƒĄã„ãŸã—ãžã™īŧ もしよかãŖたらäģŠåžŒã‚‚į›¸čĢ‡ãĢ乗ãŖãĻくださいīŧã‚ĸプãƒĒぎビジネ゚ãƒĸデãƒĢã‚‚č€ƒãˆãĻãŋぞす。 į´„1嚴前
こぎåēĻはおåŖ°æŽ›ã‘ありがとうございぞしたīŧã€Œč‹ąå›Ŋéĸ¨ãƒ‘ブで一杯īŧ éŖ˛ã‚“で帰りたいđŸēã¨ããŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆâœ¨ã€ãĢ興å‘ŗを持ãŖãĻ頂き、ポト側ぎį§ãŒæĨŊしぞせãĻé ‚ããžã—ãŸđŸ˜ŠđŸ€ Naokiさんぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢã‚„ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čĻ‹ã‚Œã°ä¸€čĻ‹ãĢしかずですが、フットワãƒŧクぎčģŊさ、新しいčĻ–į‚šãŽįŊŽãæ–šã€į‰Šäē‹ã‚’äŋ¯įž°ã™ã‚‹åŠ›ã€įĩŒé¨“ãĢ栚ざした感čĻšãŽã‚る斚。ãĒかãĒかいãĒいįã—いã‚ŋイプぎ、éĸį™Ŋい斚ですīŧãƒŦã‚ĸでお垗ãĒãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŒå¤šæ•°ã‚ã‚‹æ–šãĒぎで是非ã‚Ēã‚šã‚šãƒĄã—ãžã™â—Žīŧ į´„1嚴前
ありがとうございぞしたīŧ はじめãĻぎã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆč˛ŠåŖ˛ã§ãƒ‰ã‚­ãƒ‰ã‚­ã—ãĻいぞしたが、naokiã•ã‚“ã¯ãŠčŠąãŽåŧ•ãå‡ēしがæ˛ĸåąąã‚ã‚‹æ–šã§ã€čŠąãŒå°ŊきãĒい時間を過ごすことがå‡ēæĨぞしたīŧ お手į´™ã‚‚喜んでいただけたようで、厉åŋƒã—ぞした(^-^)â™Ģ ありがとうございぞしたīŧ į´„1嚴前
äģŠå›žã¯ã‚りがとうございぞしたīŧ į§č‡ĒčēĢ、初めãĻã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’č˛ŠåŖ˛ã™ã‚‹ã¨ã„うことで、とãĻもįˇŠåŧĩしãĻいぞした。 ただ、Naokiã•ã‚“ãŒčŠąã—ã‚’ãƒĒãƒŧドしãĻくださり、勉åŧˇãĢãĒã‚‹ãŠčŠąã—ã‚‚æ˛ĸåąąã—ãĻくださãŖたぎで、į§ã‚‚č‡Ēį„ļãĢčŠąã™ã“ã¨ãŒå‡ēæĨぞした。 æœŦåŊ“ãĢå„Ēしい斚でã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãĢ寞しãĻãŽã‚¤ãƒĄãƒŧã‚¸ã‚‚č‰¯ã„ã‚‚ãŽãĢãĒりぞしたīŧ į´„1嚴前
äģŠå›žã¯ã‚りがとうございぞしたīŧ į§č‡ĒčēĢ、初めãĻã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’č˛ŠåŖ˛ã™ã‚‹ã¨ã„うことで、とãĻもįˇŠåŧĩしãĻいぞした。 ただ、Naokiã•ã‚“ãŒčŠąã—ã‚’ãƒĒãƒŧドしãĻくださり、勉åŧˇãĢãĒã‚‹ãŠčŠąã—ã‚‚æ˛ĸåąąã—ãĻくださãŖたぎで、į§ã‚‚č‡Ēį„ļãĢčŠąã™ã“ã¨ãŒå‡ēæĨぞした。 æœŦåŊ“ãĢå„Ēしい斚でã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãĢ寞しãĻãŽã‚¤ãƒĄãƒŧã‚¸ã‚‚č‰¯ã„ã‚‚ãŽãĢãĒりぞしたīŧ į´„1嚴前
äģŠå›žã¯ã‚りがとうございぞしたīŧ į§č‡ĒčēĢ、初めãĻã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’č˛ŠåŖ˛ã™ã‚‹ã¨ã„うことで、とãĻもįˇŠåŧĩしãĻいぞした。 ただ、Naokiã•ã‚“ãŒčŠąã—ã‚’ãƒĒãƒŧドしãĻくださり、勉åŧˇãĢãĒã‚‹ãŠčŠąã—ã‚‚æ˛ĸåąąã—ãĻくださãŖたぎで、į§ã‚‚č‡Ēį„ļãĢčŠąã™ã“ã¨ãŒå‡ēæĨぞした。 æœŦåŊ“ãĢå„Ēしい斚でã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãĢ寞しãĻãŽã‚¤ãƒĄãƒŧã‚¸ã‚‚č‰¯ã„ã‚‚ãŽãĢãĒりぞしたīŧ į´„1嚴前
äģŠå›žãŒį§ãĢとãŖãĻ初めãĻぎã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆč˛ŠåŖ˛ã¨ãĒり不厉がありぞしたが、NaokiさんはとãĻã‚‚ãŠčŠąãŒã—ã‚„ããĻ思ãŖãŸã‚ˆã‚Šã‚šãƒŠã‚šãƒŠã¨ãŠčŠąãŒã§ã¨ãĻもæĨŊしい時間ãĢãĒりぞしたīŧ æœ€åˆãŽã‚˛ã‚šãƒˆãŒNaokiさんで、ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãĢ寞しãĻとãĻもポジテã‚ŖブãĒã‚¤ãƒĄãƒŧジができぞした。 äģ–ぎ斚ぎãƒŦビãƒĨãƒŧをčĻ‹ãĻいãĻも、 äēē柄がäŧēえるぎで、 是非厉åŋƒã—ãĻã‚ŗãƒŗã‚ŋクトしãĻãŋãĻください。 ãžãŸã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã€‚ į´„1嚴前
「プロã‚ĩッã‚Ģãƒŧ選手がäŊ•ã§ã‚‚į­”ãˆãžã™ã€ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…ĨしãĻ頂きごį¸ã‚’頂きぞした。 こういう斚がäēēとäēēをįš‹ã„で成功されるんだãĒと感動しãĻ、僕が逆ãĢčŗĒ問しãĻã—ãžã†å¤ąæ…‹ã‚‚å„Ēã—ãč¨ąã—ãĻãã ã•ã‚‹æ‡ãŽæˇąã•ã€å™¨ãŽå¤§ãã•ã‚’ãŠæŒãĄãŽį´ æ™´ã‚‰ã—い斚です。 貴重ãĒお時間ありがとうございぞしたīŧ äģŠåžŒã¨ã‚‚ã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„č‡´ã—ãžã™ã€‚ į´„1嚴前
昨æ—Ĩはありがとうございぞしたīŧ 初めãĻ投čŗ‡åŽļぎ斚ãĢおäŧšã„しãĻã€č˛´é‡ãĒ時間ãĢãĒりぞした。 いろいろとäē‹æĨ­ãŽį›¸čĢ‡ãĢ乗ãŖãĻいただいãĻ、新しいã‚ĸイデã‚ĸももらうことができぞした。 ぞたおäŧšã„するį´„束をさせãĻもらいぞしたīŧ 1åš´äģĨ上前
厚期įš„ãĢおäŧšã„させãĻいただきたい斚だと思ãŖãĻいたぎで、äģŠå›žīŧ’åēĻį›ŽãŽčŗŧå…Ĩã§ã€ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚‚īŧ’æžščŗŧå…Ĩし、īŧ’æ™‚é–“ãŠčŠąã•ã›ãĻいただきぞした。とãĢã‹ãčˆˆå‘ŗãƒģæ´ģ動ぎį¯„å›˛ãŒåēƒãã€ãŸãã•ã‚“ãŽčŠąãŽãƒã‚ŋã‚’ãŠæŒãĄã§ã™ãŽã§ã€ãã„ãĻいãĻéŖŊきることはありぞせん。ぞた、į§ãŽč€ƒãˆãĢ寞するčĻ‹č§Ŗも、ãĒるãģおと思えるもぎばかりでとãĻも勉åŧˇãĢãĒã‚Šãžã™ã€‚čˆˆå‘ŗぎåēƒã•ãĢ加えãĻ、勉åŧˇé‡ãƒģįĩŒé¨“値ãƒģįŸĨč­˜é‡ã‚‚čąŠå¯Œã§ã™ãŽã§ã€å¤šããŽčŠąéĄŒãĢ寞åŋœã—ãĻã„ãŸã ã‘ã‚‹æ–šã ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚ãĄãĒãŋãĢæ Ēä¸ģå„Ēåž…åˆ¸ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã¯éŖ˛éŖŸäģŖã‚’č˛ æ‹…ã™ã‚‹ã“ã¨ãŒį„Ąã„ぎで、お垗です。ぞた、おäŧšã„させãĻいただきたく思ãŖãĻおりぞす。おうもありがとうございぞしたīŧ 1åš´äģĨ上前
NaokiさんãĢは「æĩˇå¤–ノマド」ãĢついãĻãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã”čŗŧå…Ĩいただきぞした。TimeTicketで多くぎ斚ãĢäŧšã‚ã‚ŒãĻいãĻ、ごč‡ĒčēĢも成功されãĻいる斚ですが、įš†ã•ã‚“ぎãƒŦビãƒĨãƒŧãĢある通り、とãŖãĻもį‰Šč…°ãŽæŸ”ã‚‰ã‹ããŠčŠąã—ã‚„ã™ã„æ–šã§ã™ã€‚į§ãŒãƒŽãƒžãƒ‰ã¨ã—ãĻ収å…Ĩã‚’åž—ãĻいる斚æŗ•ã¯ã‚ぞりNaokiさんぎįŠļæŗãĢåŊ“ãĻはぞらãĒかãŖたと思うぎですがčŗĒ問力がéĢ˜ãå¤šããŽæƒ…å ąã‚’įžŦ時ãĢį†č§Ŗできる斚でæœŦåŊ“ãĢ尊æ•Ŧいたしぞした。バãƒĒåŗļぎネットį’°åĸƒãŒæ‚Ēく、途中で切れãĻしぞãŖãĻ大変ごčŋˇæƒ‘をおかけしぞした。å„Ēしくごį†č§Ŗ頂いãĻ恐į¸Žã§ã™ã€‚ 1åš´äģĨ上前
äģŠå›žã€į§ãŽæ–šįœŧノãƒŧトã‚ŗãƒŗã‚ĩãƒĢãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’ã”čŗŧå…Ĩいただきありがとうございぞしたīŧ とãĻもį‰Šč…°æŸ”らかãĒ斚で、įĩ‚始和やかãĒé›°å›˛æ°—ãŽãžãžã§įĩ‚えることができぞしたīŧ 逆ãĢæ§˜ã€…ã€č˛´é‡ãĒæƒ…å ąã‚’ã„ãŸã ã‘ãŸã“ã¨ã‚‚å¤§å¤‰åŦ‰ã—く思いぞす。 ãžãŸãŠčŠąã—ã§ãã‚‹ã“ã¨ã‚’æĨŊしãŋãĢしãĻおりぞすīŧ 1åš´äģĨ上前
初めãĻTimeTicketを刊į”¨ã•ã›ãĻいただきぞした。投čŗ‡ã‚’はじめお金ぎ運į”¨ãĢé–ĸしãĻį„ĄįŸĨãĒį§ãĢ寞しãĻも、į†č§Ŗしやすく丁寧ãĢãŠčŠąã‚’ã—ãĻã„ãŸã ããžã—ãŸã€‚ã“ãŽå…ˆã€ãŠã†čĄŒå‹•ã‚’čĩˇã“しãĻã„ã‘ã°ã‚ˆã„ã‹ã‚’å…ˇäŊ“įš„ãĢįŸĨることができぞした。ごč‡ĒčēĢぎįĩŒé¨“ã‚‚č¸ãžãˆäŧãˆãĻくださり、大変有意įžŠãĒ時間を過ごすことができぞした。こぎīŧ‘åēĻではãĒく、ぞたį›¸čĢ‡ã•ã›ãĻいただきたいと思える斚です。ありがとうございぞした。 1åš´äģĨ上前
ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…Ĩã‚‚č˛ŠåŖ˛ã‚‚しãĻらãŖしゃるとぎことで、ぞだ始めãĻæ—Ĩぎæĩ…いį§ã§å¤§ä¸ˆå¤ĢかãĒ、と少し不厉があãŖたぎですが、おäŧšã„したįžŦ間からå„Ēã—ã„é›°å›˛æ°—ã§ãŠčŠąã‚‚æĨŊしく、すぐãĢåŧ•ãčžŧぞれあãŖという間ãĢ時間が過ぎãĻしぞいぞしたīŧ ハãƒŗドマッã‚ĩãƒŧジも、喜んでいただけãĻとãĻもåŦ‰ã—かãŖたですīŧã‚ĒイãƒĢãŽãŠčŠąã‚‚ã‚‚ãŖとしたかãŖたですīŧ ぞたすぐおäŧšã„できそうãĒ気がしãĻいぞすīŧ æœŦåŊ“ãĢありがとうございぞしたīŧ 1åš´äģĨ上前
äģŠæ—Ĩは ãƒĒピãƒŧã‚ŋãƒŧé™åŽšã¨ã„ã†ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…Ĩし、Naoki さんと2回į›ŽãŠäŧšã„ことをできぞした。最初は、前回ぎæ Ē投čŗ‡ãŽčŠąãŽäģļã‚’ã„ã‚ã„ã‚čŠąã‚’ã—ãžã—ãŸãŒã€ãŠã‚“ãŠã‚“äŧšį¤žãŽã“と、č‡Ē分がいぞ困ãŖãĻいるよころと、中å›ŊäēēとしãĻ、æ—ĨæœŦでį”Ÿæ´ģしãĻいたからこそįĩŒé¨“ã—ãŸä¸æ€č­°ãĒéƒ¨åˆ†ãžã§ã„ã‚ã„ã‚ã¨ã‚’ãŠčŠąã‚’ã—ãžã—ãŸã€‚į›¸å¤‰ã‚ã‚‰ãšnaokiã•ã‚“ã¯čŠąã—ã‚’ãĄã‚ƒã‚“ã¨čžã„ãĻくれãĻ、いいã‚ĸイデã‚Ŗã‚ĸおよãŗåŠŠč¨€ãĒおを教えãĻいただき、明æ—Ĩから元気ãĢå‡ēį¤žã™ã‚‹ã“とをできぞした。 ã“ã†ã‚†ã†ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’č˛ŠåŖ˛ã™ã‚‹ã“とだけでもすごくいいと思ãŖãĻ、感čŦã—ãĻおりぞす。これからもį§ã¯äģŠæ—Ĩぎå­Ļãļことをį”Ÿã‹ã—ã€ãŠã‚“ãŠã‚“æˆé•ˇã—ã¤ã¤ã€ãžãŸãŠäŧšã„å‡ēæĨることを期垅しãĻおりぞす。ありがとうございぞした。 1åš´äģĨ上前
先æ—Ĩは「古参ãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧがã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚ã‚Œã“ã‚ŒčŠąã—ãžã™â™Ēã€ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’ã”åˆŠį”¨ã„ただきありがとうございぞしたīŧ 2014åš´9月からぎ古参ãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧとしãĻį™ēčĄŒã—ãĻãŠã‚Šãžã—ãŸãŒã€čžã‘ã°Naokiさんは半嚴で90枚ãģãŠãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…ĨされãĻおり様々ãĒ斚々とäŧšã‚ã‚ŒãĻいたぎで、æ­Ŗį›´äŊ•ã‚’ãŠčŠąã—ã—ãŸã‚‰ã„ã„ãŽã‹čŋˇã„ぞしたįŦ‘ しかしãĒがらNaokiさんは非常ãĢį‰Šč…°ãŒæŸ”らかく、ごčŗŧå…ĨãĢもé–ĸわらずãĢæ˛ĸåąąãŽã“ã‚Œãžã§ãŽčŗŧå…Ĩč€…ãŽéĸį™Ŋã„æ–šã€…ãŽãŠčŠąã‚’ã—ãĻいただき、įĩæžœãƒ•ãƒĒãƒŧトãƒŧクぎお時間でæĨŊしぞせãĻいただきぞしたīŧžīŧž Naokiさんは様々ãĒ斚とã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§ãŠäŧšã„しãĻいぞす。 そぎį‚ē、Naokiさんį™ēčĄŒãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§ã¯é–“é•ã„ãĒく、čŗŧå…Ĩč€…ã¨ã—ãĻぎ原äŊ“験を通じãĻãŽãŠčŠąã‚’čžã‘ã‚‹ãŽã§ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŽäžĄæ ŧäģĨä¸ŠãŽäžĄå€¤ã‚’æ„Ÿã˜ã‚‹ã“ã¨é–“é•ã„ãĒしですīŧīŧ ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆåˆåŋƒč€…ã‚‚å¤å‚ã‚‚ãœã˛ãŠã™ã™ã‚ã—ãŸã„ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§ã™īŧžīŧž åŧ•ãįļšãã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã€‚ 1åš´äģĨ上前
とãĻã‚‚čŠąã—ã‚„ã™ãå„Ēã—ã„é›°å›˛æ°—ãŽæ–šã§ã—ãŸâ˜†čŊãĄį€ã„ãŸé›°å›˛æ°—ã§ã€ä¸€įˇ’ãĢæĨŊしくバッテã‚Ŗãƒŗグã‚ģãƒŗã‚ŋãƒŧをæĨŊしぞせãĻ頂きぞしたđŸŽĩčŠąéĄŒãŒčąŠå¯Œã§æ§˜ã€…ãĒãŠčŠąã‚’äŧēうことができ、思わずおäģ•äē‹ãŽã”į›¸čĢ‡ã‚’させãĻ頂きたくãĒる斚ですīŧ 是非、įš†æ§˜ã‚‚Naokiさんとおäŧšã„されãĻãŋられることをお勧めさせãĻ頂きぞす✨ 1åš´äģĨ上前
Naokiさん、äģŠæ—Ĩはį§ãŽčŠąã‚’īŧˆæ„šį—´īŧ‰čžã„ãĻいただきありがとうございぞしたīŧ äģŠåēĻã€ãŠæ™‚é–“ãŒåˆãˆã°æąäēŦでおäŧšã„したいですね。 č‰˛ã€…ã€ãƒ“ã‚¸ãƒã‚šãŽčŠąã‚’ã—ãžã—ã‚‡ã†ã€€(įŦ‘) äģŠæ—ĨはæœŦåŊ“ãĢありがとうございぞした。 1åš´äģĨ上前
Naoki様 æœŦæ—Ĩはおåŋ™ã—い中ありがとうございぞす。 感čŦč‡´ã—ぞす。 įˇŠåŧĩしãĻる僕ãĢå„Ēã—ãčŠąã‚’åēƒã’ãĻくださãŖたりと 非常ãĢå„Ēしい斚です。 そしãĻ、最初から最垌ぞでį”ˇå‰ã§é­…力įš„ãĒ斚でした。 是非、ぞたäŧšã„たいですīŧ äŊ•ã‹ã‚‰äŊ•ãžã§ã‚りがとうございぞす。 1åš´äģĨ上前
「ã‚Ģナã‚Ēã‚ąä¸Šé”ã€ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’åˆã‚ãĻ財ãŖãĻ頂きぞしたが、į‰Šč…°ãŽæŸ”ã‚‰ã‹ãã“ãĄã‚‰ã‚‚ã‚„ã‚Šã‚„ã™ã„įŠē気をäŊœãŖãĻ頂けぞした(^^) 初めãĻぎおåŽĸ様がNaokiã•ã‚“ã§č‰¯ã‹ãŖたですīŧ įŸĨč­˜čąŠå¯Œã§ã¨ãĻã‚‚čˆˆå‘ŗæˇąã„į´ æ•ĩãĒ斚でした(^^) 1åš´äģĨ上前
先æ—Ĩ、į§ãŒå‡ēしãĻã„ãŸãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’ã”čŗŧå…Ĩ頂きぞした。 初めãĻãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆč˛ŠåŖ˛ã¨ã„うことでį§č‡ĒčēĢとãĻもįˇŠåŧĩしãĻいぞしたが、NaokiさんぎäēēæŸ„ãŽč‰¯ã•ã‹ã‚‰ã€ãŠäŧãˆã—ãŸã„å†…åŽšã‚’čŠąã—ãã‚Œãžã—ãŸã€‚ čŠąãŽãĒかでį‰šãĢå°čąĄįš„ãĒãŽã¯ã€ã“ãŽã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ã‚’äŊŋãŖãĻč‰˛ã€…ãĒå‡ēäŧšã„ã‚’æĨŊしぞれãĻいるということです。Naokiã•ã‚“ãŽč€ƒãˆæ–šãŒã¨ãĻもį´ æ•ĩでした。 1åš´äģĨ上前
åˆĨでã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’å‡ēしãĻいる斚ぎį´šäģ‹ã§ã€æ°—ãĢãĒãŖたため、äģŠå›žã€Œã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã€ã§äŧšãŖた個性įš„でį´ æ•ĩãĒäēē々ãĢついãĻčŠąã—ãžã™ã€‚ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…Ĩしぞした。NaokiさんはäģŠåš´ã‹ã‚‰ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’å§‹ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸã‚‰ã—ã„ãŽã§ã™ãŒã€ãã‚Œã§ã‚‚100äēēčŋ‘くぎäēēとおäŧšã„しãĻおり、それぞれぎ斚ãĢついãĻ、感æƒŗã‚„č€ƒå¯Ÿã‚’ãžã¨ã‚ãĻいたぎで、分野ごとãĢ興å‘ŗがあるäēēãĢついãĻãŠčŠąã—ã—ãĻいただきぞした。ぞだã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’å§‹ã‚ãĻã€ãŠã†ã„ã†ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’č˛ˇãˆã°ã„ã„ã‹čŋˇãŖãĻいる斚や、とãĢかくäēēč„ˆã‚’åĸ—やしたい斚ãĢã‚Ēã‚šã‚šãƒĄã§ã™ã€‚Naokiさんč‡ĒčēĢもã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’åˆŠį”¨ã—ãĻいる斚同åŖĢでつãĒがりを持ãĻるようãĢč‰˛ã€…äŧį”ģã—ãŸã„ã¨č€ƒãˆãĻいらãŖしゃるようãĒぎで、éĸį™Ŋいäŧį”ģがあればį›¸čĢ‡ã—ãĻãŋるぎもいいと思いぞすīŧ 1åš´äģĨ上前
ãƒĒピãƒŧã‚ŋãƒŧ限厚で、間をįŠēけずãĢãƒã‚ąãƒƒãƒˆåˆŠį”¨ã•ã›ãĻいただきぞした。 晎æŽĩはãĒかãĒかいかãĒいエãƒĒã‚ĸでとãĻもおいしいおåē—でした。 そしãĻ、čēĢčŋ‘ãĢいãĒいNaokiさんぎようãĒ投čŗ‡åŽļãĢ投čŗ‡ãŽč€ƒãˆæ–šãĢついãĻčŠąã‚’čžã„ãŸã‚Šã€ã‚¸ãƒŖãƒŗãƒĢå•ã‚ãšč‰˛ã€…ã¨į›¸čĢ‡ãĢぎãŖãĻいただきæœŦåŊ“ãĢæĨŊしい時間を過ごすことができぞした。 1åš´äģĨ上前
ありがとうございぞしたīŧ ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’åŋƒã‹ã‚‰æĨŊしんでらãŖしゃる斚でした。ごį¸ã‚’大äē‹ãĢされãĻいるぎがお゚トãƒŦãƒŧトãĢäŧã‚ãŖãĻきãĻ、į´ æ•ĩでした。äģŠåžŒã¯ã€ä¸€įˇ’ãĢæĨŊしいことができたらいãƒŧãĒと思ãŖãĻいぞす。 そんãĒ魅力120īŧ…ぎNaokiさんがį´šäģ‹ã—ãĻãã ã•ã‚‹ãƒã‚ąãƒƒãƒˆæ•°ã¯100åŧąã€‚åŋ…ずや各äēēぎåĨŊãŋãĢ合ãŖãŸãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŒčĻ‹ã¤ã‹ã‚‹ãƒã‚ēīŧã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã¸ãŽåŋƒæ§‹ãˆã‚„ã‚ŋイプåˆĨぎæĨŊしãŋæ–šãĒお、äŊ“įŗģ化されたčŗ‡æ–™ã¯å‹‰åŧˇãĢãĒりぞす。 運å–ļぎ斚ですかīŧŸįŦ‘ 1åš´äģĨ上前

åŒŋ名ãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧ

...

ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’å¤šæ•°čŗŧå…ĨされãĻおり、ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŽåŠšæžœã‚’æœ€å¤§åŒ–ã™ã‚‹ãŸã‚ãĢおうすずきか、æŗ¨æ„ã™ãšãį‚šãĒおを教えãĻいただきぞした。 とãĻもčĻĒčēĢãĢčŠąã‚’čžã„ãĻくださる斚ãĒぎで、気ãĢãĒã‚‹ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŒã‚ã‚‹æ–šã¯NaokiさんãĢčŠ•äžĄã‚’čžããŽã‚‚ã„ã„ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚ 1åš´äģĨ上前
ãĒおきさんはį§ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã€đŸŒˆ4ã‚ˇãƒŧã‚ēãƒŗæŗ•ã‚’į”¨ã„たパãƒŧã‚ŊナãƒĢã‚Ģナãƒŧč¨ēæ–­đŸŒˆč‰˛čĻ‹æœŦäģ˜â€ŧī¸Žã€‘ã‚’čŗŧå…Ĩ頂いた斚です。 æ—ĸãĢč‰˛ã€…ãĒãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…ĨされãĻいらãŖしゃり、ぞたごč‡ĒčēĢã§ã‚‚č‰˛ã€…ãĒイベãƒŗトをä¸ģå‚ŦしãĻいるとぎäē‹ã§ã—た。 それだけãĢ、įŸĨč­˜ã‚‚čąŠå¯Œã§äēēåŊ“ãŸã‚Šã‚‚č‰¯ãã€ãžãŸäŧšã„たいと思わせるおäēē柄でした。 ãĒおきさんä¸ģå‚Ŧぎイベãƒŗト参加もしãĻãŋたいです。 äģŠåžŒã¨ã‚‚ãŠã†ãžã€åŽœã—ããŠéĄ˜ã„č‡´ã—ãžã™(^O^)īŧ 1åš´äģĨ上前
「⚀⚁ボãƒŧãƒ‰ã‚˛ãƒŧム⚂⚃čŠĻ遊ãƒģおすすめį´šäģ‹âš„⚅」をごčŗŧå…Ĩいただきぞした。įš†ã•ã‚“ぎãƒŦビãƒĨãƒŧãĢもあãŖたようãĢ、とãĻã‚‚čŠąã—ã‚„ã™ãã€æĨŊしい時間を過ごさせãĻいただきぞした。新しいことãĢ、とãĻã‚‚čˆˆå‘ŗãƒģé–ĸåŋƒã‚’ã‚‚ãŖãĻč´ã„ãĻãã ã•ã‚‹ãŽã§ã€čŠąã™ã“ãĄã‚‰ã‚‚ã¤ã„į†ąãŒå…ĨãŖãĻしぞいぞした。č‡Ē分č‡ĒčēĢがåĨŊきãĒこと、したいこと、é–ĸåŋƒãŒã‚ることを再įĸēčĒã•ã›ãĻいただく時間ãĢもãĒりぞした。Naokiさんがį¯‰ã‹ã‚ŒãĻいるé–ĸäŋ‚性、つãĒがりが、ぞた新たãĒå‡ēäŧšã„ã‚’į”Ÿãŋå‡ēし、そぎ中で新しいį™ēæƒŗや取りįĩ„ãŋがį”Ÿãžã‚ŒãĻいくようãĒ、そんãĒæœĒæĨをäēˆæ„Ÿã•ã›ã‚‹æ™‚間でした。äģŠåžŒã¨ã‚‚åŽœã—ããŠéĄ˜ã„č‡´ã—ãžã™ã€‚ãžãŸã„ã¤ã§ã‚‚ã€åžĄå…Ĩį”¨ãŽéš›ãĢはおåŖ°ã‹ã‘下さい。 2åš´åŧąå‰
į´ŗåŖĢįš„でå„Ēしく、丁寧ãĢãŠčŠąã—ã—ãĻã„ãŸã ããžã—ãŸã€‚äžĄå€¤čĻŗãŽãŠčŠąã‚„ã€æ—…ãŽãŠčŠąã€æŠ•čŗ‡åŽļとしãĻぎæ´ģå‹•ãŽãŠčŠąãĒãŠã€å¤§å¤‰čˆˆå‘ŗæˇąãã€å‹‰åŧˇåŽļでč‡Ēį”ąã‚’愛されãĻいる斚だと思いぞしたīŧ 投čŗ‡åŽļさんとしãĻぎ一éĸでは、į›¸æ‰‹ãĢä¸€æ­Šč¸ãŋå‡ēす勇気と、希望を与える゚ãƒŧパãƒŧバイã‚ļãƒŧだと思いぞしたīŧãžãŸč‰˛ã€…ãĒãŠčŠąã‚’ãŠäŧēいしたいです。 2åš´åŧąå‰
æœŦæ—Ĩはありがとうございぞしたīŧã¨ãĻもå„Ēã—ããŠčŠąãŽã—ã‚„ã™ã„æ–šã§ã—ãŸã€‚æ—ĸãĢ50枚をčļ…ãˆã‚‹ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…ĨされãĻおり、ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŽč‰¯ã•ã‚’æ”šã‚ãĻå­Ļãļことがå‡ēæĨぞした。同じ投čŗ‡åŽļとしãĻ、æ Ēåŧã¨ä¸å‹•į”Ŗで商品はį•°ãĒりぞすが、čĻ–į‚šã‚„ã‚šã‚ŋãƒŗ゚が非常ãĢäŧŧãĻいると感じぞした。æ ĒåŧãĢé–ĸしãĻは新鎎ãĒ投čŗ‡ã‚šã‚ŋイãƒĢをå­ĻばせãĻいただき、感čŦã—ãĻいぞす。äģŠåžŒã¨ã‚‚é–ĸわり合いが持ãĻればと思いぞすīŧã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã€‚ 2åš´åŧąå‰
とãĻã‚‚æŸ”ã‚‰ã‹ã„é›°å›˛æ°—ãŽã‚ã‚‹æ–šã§ã€åˆå¯žéĸãŽæ–šã§ã‚‚ã™ãæ‰“ãĄč§Ŗけられぞす。ぞた、多斚éĸでæ´ģčēã•ã‚ŒãĻいãĻ可čƒŊ性を感じたãƒĸノやäēēをįš‹ãŽåˆã‚ã›ã‚‹äē‹ãŒå‡ēæĨる斚です。 äģŠæ—ĨはæĨŊã—ã„æ™‚é–“ã‚’ã‚ã‚ŠãŒã¨ã†ã”ã–ã„ãžã—ãŸâœ¨ãžãŸæąäēŦでおäŧšã„しぞしょうâ™Ē 2åš´åŧąå‰
単į´”ãĢ、æĨŊしいį´ŗåŖĢãĒ斚です。゚ã‚ŋバでぎんãŗりと、äŧ‘ãŋぎ午前を有意įžŠãĢ過ごせぞした。ありがとうございぞした。ぞた、おäŧšã„したいと思う斚で、åĨŊå°čąĄãĢįĩ‚わりぞした。ありがとうございぞした。 2åš´åŧąå‰
į´ æ•ĩãĒごį¸ã‚’頂いたこと、åŋƒã‹ã‚‰åŦ‰ã—く思ãŖãĻいぞす。有意įžŠãĒお時間をありがとうございぞした。 Naokiさんぎ思い描いãĻいるビジョãƒŗやありたいå§ŋã€äžĄå€¤čĻŗを掘り下げãĻã„ãã†ãĄãĢ、NaokiさんがTimeticketä¸Šã§č‰˛ã‚“ãĒæ–šãĢåŊąéŸŋを与えãĻいる所äģĨが少しį†č§ŖできたようãĢ思いぞす。īŧˆį‰‡éą—ã‚’čĻ‹ãŸį¨‹åēĻかもしれぞせんがīŧ‰ エネãƒĢã‚ŽãƒŧをåĢむ多くぎãƒĒã‚Ŋãƒŧ゚があり、且つ向上åŋƒã‚’持ãŖãĻčĄŒå‹•ã—ãĻいらãŖしゃるį‚šã€æœŦåŊ“ãĢ尊æ•Ŧしぞす。 そしãĻ、äŋæœ‰ã™ã‚‹å¤šããŽãƒĒã‚Ŋãƒŧ゚をおčŖžåˆ†ã‘することãĢよる充原感もįŸĨãŖãĻいる斚だと思いぞす。そぎį‚šã‚‚、åŋƒã‹ã‚‰čĻ‹å€Ŗいたいです。 äģŠåžŒã¨ã‚‚、åŧ•ãįļšããŠã†ãžåŽœã—ããŠéĄ˜ã„č‡´ã—ãžã™ã€‚ 2åš´åŧąå‰

åŒŋ名ãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧ

...

初めãĻã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’äŊŋãŖãĻ、Naokiã•ã‚“ã¨ãŠčŠąã‚’ã§ããŸã“ã¨ã‚’ã™ã”ãč‰¯ã‹ãŖたと思ãŖãĻいぞす。Naokiさんは投čŗ‡ã€é‡‘辍ãĢé–ĸしãĻはč‡Ē分ぎideaが持ãŖãĻる斚でした。かãĒり成功しãĻいると思ãŖãĻぞすが、čŦ™éœã§ã€čŠąã—がéĸį™ŊくãĻ、丁寧ãĢ一つ一つぎčŗĒ問をį­”えãĻくれãĻ、すごく感čŦã—ãĻいぞす。これからæ—ĨæœŦãĢもãŖã¨ä¸€æ­Šč¸ãŋå‡ēすことをできるようãĢ頑åŧĩりたいと思ãŖãĻいぞす。ありがとうございぞした。 2åš´åŧąå‰
おäģ•äē‹ã‚„ごč‡ĒčēĢãŽãƒĄãƒĸã‚’ã€ŒãąãŖとčĻ‹ã§ã‚ã‹ã‚‹ã€ã‚¤ãƒŠã‚šãƒˆãĢしたい、とイナ゚トマãƒŗツãƒŧマãƒŗãĢご参加を頂きぞした。 Naoki さんは、ごč‡ĒčēĢぎやりたいことがはãŖきりされ、明åŋĢ、įŠã‚„かãĢåŋƒåœ°ãŽč‰¯ã„おäēē柄。 とãĻも意æŦ˛įš„ãĢå…ĨãŖãĻ頂き、ホワイトボãƒŧドãĢã‚ŋップãƒĒとčĒ˛éĄŒã‚’描く、原čˇĩをベãƒŧã‚šãĢした60分がとãĻもæŋƒå¯†ãĢãĒりぞした。そぎįœŸæ‘¯ãĒおäēē柄ãĢよãŖãĻ、å‰ĩ造įš„ãĒ場がぞた新たãĢīŧ‘つį”Ŗぞれたと感じãĻおりぞす。 ぞたおäŧšã„したいと思える、とãŖãĻもį´ æ•ĩãĒ斚です(o^^o) 2åš´åŧąå‰
初めãĻぎTICKETčŗŧå…Ĩ頂いたぎがNaokiã•ã‚“ã§č‰¯ã‹ãŖたです。 とãĻも丁寧ãĒ寞åŋœã‚’しãĻ頂き、厉åŋƒã§ããžã—た。 フナットãĒį›Žįˇšã§į‰Šäē‹ãĢ興å‘ŗを持ãŖãĻおられるようãĒå°čąĄã‚’å—ã‘ãžã—ãŸã€‚ おäģ•äē‹ãŒåŋ™ã—い中、įœŸæ‘¯ãĢ受けãĻ頂き、ただただ感čŦã§ã™ã€‚ 2åš´åŧąå‰
一時間äģĨ上įžŽå‘ŗしいお酒をいただきãĒがら、ビジネ゚プナãƒŗãĢついãĻざãŖくばらんãĢãŠčŠąã‚’ã—ãžã—ãŸã€‚éžå¸¸ãĢæĨŊしいデã‚Ŗã‚šã‚Ģãƒƒã‚ˇãƒ§ãƒŗがå‡ēæĨぞした。 åš…åēƒã„ごįĩŒé¨“から、様々ãĒåŧ•ãå‡ēã—ã‚’ãŠæŒãĄã§ã‚¤ãƒŗã‚ĩイトを垗ることがå‡ēæĨぞした。 ãŠčŠąä¸€ã¤ä¸€ã¤ãĢ重ãŋがあり、äēēį”ŸãŽč‰˛ã€…ãĒéĸからå­Ļãļところぎ多い、尊æ•Ŧできる斚です。 おうもありがとうございぞした。 2åš´åŧąå‰
「「ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã€ã§äŧšãŖた個性įš„でį´ æ•ĩãĒäēē々ãĢついãĻčŠąã—ãžã™ã€ã¨ã„ã†ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…Ĩいたしぞした。į§ã‚‚ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§ã¯70枚äģĨ上čŗŧå…ĨしãĻæ˛ĸåąąãŽäēēãĢäŧšãŖãĻいぞすが、ãĒおきさんも50枚äģĨ上čŗŧå…ĨされãĻおり、多くぎäēēã¨æ™‚é–“ã‚’å…ąæœ‰ã•ã‚ŒãĻいらãŖしゃいぞした。å‡ēäŧšãŖたäēēãŸãĄãŽãƒĒ゚トをエクã‚ģãƒĢãĢぞとめãĻいたり、とãĻも几å¸ŗéĸãĢčŠąãŒæ•´į†ã•ã‚ŒãĻおり、わかりやすかãŖたです。äēē柄もとãĻもčĻĒしãŋやすくį´ŗåŖĢãĒå°čąĄã§ã—ãŸã€‚äģŠåžŒã‚‚ãœã˛ãŠäģ˜ãåˆã„したいと思う斚でした。ãĒおきさんäģŠåžŒã‚‚ã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã€‚ 2åš´åŧąå‰
おäŧšã„しãĻį›´ããĢč‰¯ã„æ–šã ã¨ã‚ã‹ã‚Šãžã—ãŸã€‚ ãŠčŠąãŽå†…åŽšã‚„čŠąã—æ–šã‚‚ã¨ãĻもéĸį™Ŋく、かつ勉åŧˇãĢãĒりぞす。 おäŧšã„できãĻæœŦåŊ“ãĢč‰¯ã‹ãŖたと思える斚でした。 æ Ēä¸ģå„Ē垅券でį„Ąæ–™ã§éŖ˛éŖŸã•ã‚ŒãĻもらいぞしたし、とãĻã‚‚ãŠå‹§ã‚ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§ã™īŧ 2åš´åŧąå‰
ã€ŽđŸ‘æ¤…å­ãĢåē§ãŖたぞぞマッã‚ĩãƒŧã‚¸ã—ãžã™đŸ‘ã€ã‚’ã”čŗŧå…Ĩ頂きぞした。 čĒ åŽŸã§å„Ēã—ã„é›°å›˛æ°—æēĸれる斚でとãĻもåĨŊ感が持ãĻ、初めãĻãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’ã”čŗŧå…Ĩ頂いたぎがNaotoさんでæœŦåŊ“ãĢč‰¯ã‹ãŖたです。 ぞた、timeticketでå‡ēé€ĸãŖãŸæ–šã€…ãŽãŠčŠąã‚‚čžãäē‹ãŒå‡ēæĨたり、äģŠåžŒãŽãƒ“ジネ゚やč‡Ēåˇąå•“į™ēãĒお、様々ãĒã‚ˇãƒŧãƒŗãĢåŊšįĢ‹ã¤ãŠčŠąã‚’čžã‹ã›ãĻ頂きぞした。 ぞた是非、おäŧšã„å‡ēæĨたらåŦ‰ã—いです。 ご刊į”¨æœŦåŊ“ãĢありがとうございぞした。 2åš´åŧąå‰
ã€ŽđŸ‘æ¤…å­ãĢåē§ãŖたぞぞマッã‚ĩãƒŧã‚¸ã—ãžã™đŸ‘ã€ã‚’ã”čŗŧå…Ĩ頂きぞした。 čĒ åŽŸã§å„Ēã—ã„é›°å›˛æ°—æēĸれる斚でとãĻもåĨŊ感が持ãĻ、初めãĻãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’ã”čŗŧå…Ĩ頂いたぎがNaotoさんでæœŦåŊ“ãĢč‰¯ã‹ãŖたです。 ぞた、timeticketでå‡ēé€ĸãŖãŸæ–šã€…ãŽãŠčŠąã‚‚čžãäē‹ãŒå‡ēæĨたり、äģŠåžŒãŽãƒ“ジネ゚やč‡Ēåˇąå•“į™ēãĒお、様々ãĒã‚ˇãƒŧãƒŗãĢåŊšįĢ‹ã¤ãŠčŠąã‚’čžã‹ã›ãĻ頂きぞした。 ぞた是非、おäŧšã„å‡ēæĨたらåŦ‰ã—いです。 ご刊į”¨æœŦåŊ“ãĢありがとうございぞした。 2åš´åŧąå‰
「大手čˆĒįŠēäŧšį¤žãŽãƒžã‚¤ãƒĢã‚’č˛¯ã‚ãĻ「į„Ąæ–™ã€ã§æĩˇå¤–æ—…čĄŒã¸čĄŒã‘ã‚‹æ–šæŗ•ã€ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…ĨしãĻいただきぞした。非常ãĢčĻ‹č­˜ãŒæˇąã„斚です。マイãƒĢãŽčŠąãŽäģ–ãĢ、将æĨぎビジョãƒŗやビジネ゚ã‚ĸイデã‚Ŗã‚ĸã‚’ãŠčŠąã—ã•ã›ãĻé ‚ããžã—ãŸã€‚čŠąã‚’é‡ã­ã‚‹ä¸­ã§ã‚ĸイデã‚Ŗã‚ĸãŒč†¨ã‚‰ãžã›ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ãã€æœ‰æ„įžŠãĒ時間を過ごすことができぞした。20äģŖでčĩˇæĨ­ã‚’č€ƒãˆãĻã„ã‚‹æ–šã¯ãœã˛ä¸€åēĻおäŧšã„しãĻãŋることをã‚Ēã‚šã‚šãƒĄã—ãžã™ã€‚ 2åš´åŧąå‰
とãĻã‚‚æ°—ã•ãã§čŠąã—ã‚„ã™ã„æ–šã§ã™ã€‚TimeTicketãŽč‰˛ã€…ãĒäēēãŽčŠąã‚’čžãã€č˛ˇã„ãŸã„ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŒã„ãŖãąã„åĸ—えぞしたīŧåŒæ™‚ãĢæŗ¨æ„į‚šãĒおも教えãĻいただいたぎでäģŠåžŒãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆé¸ãŗã‚„ã€ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’į™ēčĄŒã™ã‚‹įĢ‹å ´ã¨ã—ãĻã‚‚å‚č€ƒãĢãĒりぞしたし、TimeTicketというã‚ĩãƒŧビ゚そぎもぎぎ捉え斚ãĢついãĻも非常ãĢå…ąæ„Ÿã§ããžã—ãŸã€‚ãžã 1æžšã‚‚ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’č˛ˇãŖたことがãĒい斚も、そうでãĒい斚もã‚Ēã‚šã‚šãƒĄã§ã™ã€‚ãžãŸã€TimeTicketãĢとおぞらず様々ãĒåŧ•ãå‡ēã—ã‚’ãŠæŒãĄãŽæ–šã§ã€ãã†ã„ã†æ„å‘ŗã§ã‚‚č‰˛ã€…ãĒč‰¯ã„æƒ…å ąã‚’æƒœã—ãŋãĒく教えãĻいただきぞした。「惜しãŋãĒãã€ã¨ã„ã†čĄ¨įžãŒNaokiさんãĢはぴãŖたりです。äģŠå›žã€TimeTicketぎį´ æ•ĩãĒäēē々ãĢついãĻãŽčŠąã‚’čžããžã—ãŸãŒã€Naokiさんもぞたそぎ中ぎį´ æ•ĩãĒ斚ぎ一äēēだと思いぞす。ぞたおäŧšã„するおį´„æŸã‚‚ã„ãŸã ã‘ãŸãŽã§ã€č‰˛ã€…ãŠčŠąã—ã§ãã‚‹ãŽã‚’æĨŊしãŋãĢしãĻã„ãžã™ã€‚ã‚ã‚ŠãŒã¨ã†ã”ã–ã„ãžã—ãŸã€‚đŸ¤— 2åš´åŧąå‰
非常ãĢčŠąã—ã‚„ã™ãã€į´ æ•ĩãĒ斚でした。įŸĨč­˜ã‚„įĩŒé¨“ã‚‚čąŠå¯Œã§ã¨ãĻも勉åŧˇãĢãĒりぞしたīŧãžãŸã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã„ãŸã—ãžã™â˜† 2åš´åŧąå‰
ãƒŦビãƒĨãƒŧぎį™ģéŒ˛ãŒå‡ēæĨãĻいãĒいことãĢ気ãĨき、再åēĻčŠ•äžĄã•ã›ãĻいただきぞす。 naokiさんはとãĻもフãƒŦãƒŗドãƒĒãƒŧãĒ斚で、はじめãĻおäŧšã„した時からįˇŠåŧĩせずãĢãŠčŠąãŒã§ãã‚‹įŠē気を醸成しãĻいただきぞした。 æ ĒåŧæŠ•čŗ‡ã‚„不動į”Ŗ投čŗ‡ã€ã‚Ēãƒŗナイãƒŗ英äŧščŠąã€ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§å‡ēäŧšãŖた斚ãĢついãĻãĒお 様々ãĒãŠčŠąã‚’ã—ãĻæĨŊしい時間を過ごさせãĻいただきぞした。 ãžãŸã€ãŠčŠąã§ããŸã‚‰åŦ‰ã—いです。 äģŠåžŒã¨ã‚‚ã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„į”ŗし上げぞす。 2åš´åŧąå‰

åŒŋ名ãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧ

...

åĻåŽšã‚‚å…¨č‚¯åŽšã‚‚ã›ãšã€čĻĒčēĢãĢãĒãŖãĻ非常ãĢåŽĸčĻŗįš„ãĢį§ãŽãŠčŠąã‚’čžã„ãĻいただきぞした。įĩŒé¨“čąŠå¯Œã§äŋĄé ŧできる斚です。旊速ã‚ĸドバイ゚ãĢåŸēãĨいãĻčĄŒå‹•ã•ã›ãĻč˛°ã„ãžã—ãŸã€‚ã‚ã‚ŠãŒã¨ã†ã”ã–ã„ãžã™ã€‚åŧ•ãįļšãã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„č‡´ã—ãžã™ã€‚ 2åš´åŧąå‰
Naokiさんははじめから最垌ぞで、įŦ‘éĄ”ã§æ¸Šã‹ãæŽĨしãĻくださいぞしたīŧ 「å‡ēäŧšãŖたäēēぎためãĢ」という思いがäŧã‚ã‚‹æ–šã§ã€į§ã‹ã‚‰ãŽčŠąã‚‚į´ į›´ãĢčžãå…ĨれãĻくださり、 かつ、Naokiさんからも有į›ŠãĒæƒ…å ąã‚’ãŠčŠąãã ã•ã„ãžã—ãŸã€‚ ã“ã‚Œã‹ã‚‰é•ˇã„ãŠã¤ãã‚ã„ãŒã§ããã†ã§ã€åŦ‰ã—いå‡ēäŧšã„でしたīŧ ありがとうございぞしたīŧ 2åš´åŧąå‰
「1時間であãĒたぎお悊ãŋをč§Ŗæąēã™ã‚‹å…ˇäŊ“įš„ãĒ゚テップをčĻ‹ã¤ã‘ぞすīŧã€ã¨ã„ã†ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’ã”čŗŧå…Ĩくださいぞした。おäŧšã„したįžŦ間からとãĻもäŋĄé ŧ感ぎある斚で、嚅åēƒã„ごįĩŒé¨“からį™ēã›ã‚‰ã‚Œã‚‹č¨€č‘‰īŧ‘つīŧ‘つãĢ重ãŋがあり、大変勉åŧˇãĢãĒりぞした。ぞた、čŗ‡é‡‘がãĒいゆえãĢチãƒŖãƒŦãƒŗジをčĢĻめざるをえãĒいč‹Ĩč€…ã‚„åĨŗ性をåŋœæ´ã—ãĻいきたいīŧã¨ã„うビジョãƒŗãĢも、とãĻも感銘を受けぞした。äģŠåžŒã¨ã‚‚ビジネ゚åĢめãĻčĻĒäē¤ã‚’æˇąã‚ãĻぞいりたい斚です。 į´„2嚴前
ãƒã‚ąãƒƒãƒˆį™ēčĄŒåžŒ10分もしãĒã„ã†ãĄãĢčŗŧå…Ĩã„ãŸã ãã¨ã„ã†ã€ä¸æ€č­°ãĒį¸ã‚’感じた斚です。 ä¸€č¨€ã§ã„ã†ã¨ã—ãŖかりとしたčģ¸ã‚’ãŠæŒãĄãŽæ–šã€‚æŠ•čŗ‡ãĢも明įĸēãĒポãƒĒã‚ˇãƒŧがあるぎを感じぞした。 いくつかぎビジネ゚ãƒĸデãƒĢをブãƒŦ゚トしぞしたが、Naokiã•ã‚“ãŽãŠčŠąã—ãŒéžå¸¸ãĢ原čˇĩįš„ã‹ã¤å…ˇäŊ“įš„ãĒぎで、į§ã‚‚ã‚¤ãƒĄãƒŧジがしやすく、ã‚ĸイデã‚ĸを思いつくことができぞした。äēēと常ãĢ「同じį›Žįˇšã€ã§ãŠäģ˜ãåˆã„されãĻいる斚だãĒと感じぞした。 Naokiã•ã‚“ã‚‚ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’į™ēčĄŒã—ãĻいぞす。とãĻもいい時間を過ごせると思いぞすよ。 į´„2嚴前
Naokiã•ã‚“ã€ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…ĨしãĻいただき、ありがとうございぞした。äģŠæ—ĨはすごくæĨŊしかãŖたです。中å›ŊčĒžãŽåˆåŋƒč€…ですが、įŠæĨĩįš„ãĢ単čĒžã‚’čĻšãˆãŸã‚Šã€į™ēéŸŗをįˇ´įŋ’したりすることをįļšã‘れば、きãŖと上達ãĢãĒると思いぞす。いつかぞたチãƒŖãƒŗ゚があればäŧšã„ぞしょう。 į´„2嚴前
ã‚šã‚ąãƒŧãƒˆãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’ã”čŗŧå…Ĩ頂きぞした。いろいろãĒことãĢ興å‘ŗを持たれãĻ、įĩŒé¨“čąŠå¯ŒãĒかたです。 柔らかいį‰Šč…°ãŽæ–šã§ã™ãŽã§ã€ã¨ãĻã‚‚čŠąã—ã‚„ã™ã„é›°å›˛æ°—ãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚ ぞた抟äŧšãŒã‚ればおäŧšã„したいと思いぞす。 į´„2嚴前
とãĻも気さくãĒ斚というįŦŦä¸€å°čąĄã§ã™ã€‚ æ§˜ã€…ãŠčŠąã—ã™ã‚‹ã¨ã€Œčˆˆå‘ŗを持ãŖたこと」 「やりたいと思ãŖたこと」ãĢついãĻ 感čĻšã‚„勘をäŋĄã˜ãĻ、すぐãĢčĄŒå‹•ã™ã‚‹æ–šã§ã—ãŸã€‚ æ°—æŒãĄãŽã‚ˆã„å¯žåŋœã¨ã€ãŸãã•ã‚“ぎįĩŒé¨“ã‚„ã‚ĸイデã‚ĸã‚’ãŠæŒãĄã§ äģŠåžŒã¨ã‚‚おäģ˜ãåˆã„しãĻいけたらと、よいごį¸ãĢ感čŦã—ãĻいぞす。 į´„2嚴前
ã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŽã‚ŗãƒŗã‚ˇã‚§ãƒĢジãƒĨぎようãĒ斚です。 éĸį™Ŋい斚をたくさんį´šäģ‹ã—ãĻいただきぞした。 åš…åēƒã„įŸĨč­˜ãŒã‚ã‚‹æ–šã§ã™ãŽã§ã€ã¤ã„äģ–ãĢã‚‚č‰˛ã€…ã¨čžã„ãĻしぞいぞしたが、į‰šãĢ投čŗ‡ã¸ãŽč€ƒãˆæ–šã‚„斚向性ãĢついãĻãŽãŠčŠąã¯ã¨ãĻã‚‚å…ąæ„Ÿã§ããžã—ãŸã€‚ とãĻもæĨŊしい時間を過ごすことができぞしたīŧã‚りがとうございぞすâ™Ē į´„2嚴前
ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’ã”čŗŧå…Ĩ頂きぞしたため、ポトとしãĻãŠčŠąã‚’ã•ã›ãĻ頂きぞしたが、 ビットã‚ŗイãƒŗぎäŊŋい斚や、meetupãŽãŠčŠąį­‰ã€ 前半は最čŋ‘ぎã‚ĩãƒŧビ゚ãĢついãĻ勉åŧˇã•ã›ãĻ頂きぞしたįŦ‘ ãŠčŠąã‚’čžãéš›ãŽã€Œå‚žč´åŠ›ã€ãŒå¤§å¤‰ã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹æ–šã§ã„ã‚‰ãŖしゃãŖたため、 とãĻã‚‚æ°—æŒãĄã‚ˆããŠčŠąã§ãã€ãžãŸã”čŗĒ問も大変įš„ã‚’å°„ãĻいらãŖしゃり、 合気道ãĢついãĻčĒŦ明をするとともãĢ、 č‡Ē分č‡ĒčēĢãŽč€ƒãˆãŽæ•´į†ã‚‚させãĻいただき å¤§å¤‰č‰¯ã„į¨Ŋ古をさせãĻ頂きぞした。 ä¸ģå‚ŦしãĻいらãŖしゃる「meetup」ãĢã‚‚ãœã˛å‚åŠ ã•ã›ãĻいただければと思ãŖãĻいぞす。 į´ æ•ĩãĒ時間をありがとうございぞした! į´„2嚴前
こぎåēĻはã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒã‚ąãƒƒãƒˆãŽã”čŗŧå…Ĩありがとうございぞした。į§ãŽæŒãŖãĻã„ã‚‹æƒ…å ąãŒNaokiさんãĢとãŖãĻおåŊšãĢįĢ‹ã¤ã‚‚ぎだãŖたら嚸いです。äģŠåžŒã¨ã‚‚ãŠã†ãžã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã„ãŸã—ãžã™ã€‚ とãĻもįŠã‚„かãĒ斚でæĨŊã—ãæƒ…å ąäē¤æ›ã§ããžã—た。 į´„2嚴前
NaokiさんãĢæœŦぎčĻį´„ãƒģčĒ­ãŋ斚をおäŧãˆã™ã‚‹ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’čŗŧå…Ĩいただきぞしたが、 ごč‡ĒčēĢもčĒ­æ›¸ã‚’ã‚ˆãã•ã‚Œã‚‹ã¨ã„ã†ã“ã¨ã§ã€čąŠå¯ŒãĒįŸĨč­˜ã‚„įĩŒé¨“ãŒč¨€č‘‰ãŽéšæ‰€ãĢįžã‚ŒãĻいãĻ とãĻも魅力įš„ãĒ斚でしたīŧäģŠå›žã ã‘でãĒくæŦĄãĢつãĒがるようãĒãŠčŠąã—ã‚‚ã—ãĻいただき、 逆ãĢį´ æ•ĩãĒ1æ™‚é–“ã‚’ã„ãŸã ã‘ãžã—ãŸã€‚ã“ã‚Œã‹ã‚‰ã‚‚æ˜¯éžåŽœã—ããŠéĄ˜ã„ã—ãžã™īŧ į´„2嚴前
英čĒžå­Ļįŋ’ぎį›¸čĢ‡ãĢぎらせãĻいただきぞしたが、もともとかãĒりį†Ÿé”されãĻã„ã‚‹æ–šã§ã™ã€‚æ°—ã•ãã§čŠąã—ã‚„ã™ã„å°čąĄã§ã€åˆå¯žéĸでもįˇŠåŧĩせずãĢãŠčŠąã§ããžã—ãŸã€‚äģŠåžŒæ–°ãŸãĒäē‹æĨ­ã‚‚åą•é–‹ã•ã‚ŒãĻã„ããŠčŠąã‚‚äŧēãŖãĻ、ポト側ぎわたくしぎ斚もåˆēæŋ€ã‚’受けぞした。こぎåēĻはおうもありがとうございぞした。ぞた抟äŧšãŒã”ã–ã„ãžã—ãŸã‚‰ãŠã†ãžã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã„ãŸã—ãžã™ã€‚ į´„2嚴前
įŦŦīŧ‘å°čąĄã‚‚éžå¸¸ãĢč‰¯ãã€åš´ä¸‹ãŽį§ãĢもäŊŽå§ŋå‹ĸでį¤ŧ儀æ­Ŗしい斚です。 æĩˇå¤–ãĢ寞するįŸĨčĻ‹ã‚‚ある斚で、トãƒĢã‚ŗãŽčŠąã§ã‚‚į››ã‚Šä¸ŠãŒã‚Šãžã—た。 īŧ‘時間非常ãĢæĨŊしかãŖたぎで、そぎ垌、一įˇ’ãĢナãƒŗチãĢčĄŒããžã—ãŸãŒã€ įŦŦīŧ‘å°čąĄé€šã‚Šã€čĻĒしãŋã‚„ã™ãčŠąã—ã‚„ã™ã„æ–šã§ã—ãŸã€‚ äģŠåžŒã¨ã‚‚ã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã€‚ į´„2嚴前
ãƒŦビãƒĨãƒŧありがとうございぞす。Naokiさんぎäģ–č€…ã‚’æ”¯æ´ã™ã‚‹åŋ—ãŒãƒ’ã‚ˇãƒ’ã‚ˇã¨äŧã‚ãŖãĻきぞした。ぞた、新しいことãĢ常ãĢ興å‘ŗを持ãŖãĻいくå§ŋå‹ĸはčĻ‹įŋ’いたいです。 į´„2嚴前
とãĻもいい時間を過ごせぞせたīŧ ぞた抟äŧšãŒã‚ã‚Œã°ãŠéĄ˜ã„ã—ãžã™īŧ į´„2嚴前
NaokiさんはとãĻã‚‚čŠąã—ã‚„ã™ãã€ãã•ããĒ斚でした。嚅åēƒã„ビジネ゚ãĢé–ĸわãŖãĻいらãŖしゃるぎで、さぞざぞãĒ分野ぎįŸĨčĻ‹ã‚‚čąŠå¯Œã§ã€č‰˛ã€…ãĒãŠčŠąãŒã§ããĻありがたかãŖたです。 į´„2嚴前
とãĻもčĒ åŽŸã§äŋĄé ŧぎおける斚でした。 さぞざぞãĒįĩŒé¨“をされãĻãŠã‚Šã€ãŠčŠąã—ãĻいãĻ非常ãĢåˆēæŋ€įš„で、īŧ‘時間という時間はあãŖという間ãĢ過ぎãĻしぞいぞす。 äģŠåžŒã‚‚おäģ˜ãåˆã„させãĻ頂けるということãĒぎで、å‡ēé€ĸいãĢ感čŦč‡´ã—ぞす。 į´„2嚴前

同じã‚ĢテゴãƒĒãƒŧぎäēēæ°—ãƒã‚ąãƒƒãƒˆ

わたしぎ30分、åŖ˛ã‚Šã¯ã˜ã‚ãžã™ã€‚

あãĒたぎ30åˆ†ã€č˛ˇãŖãĻãŋぞす。