Icon guest login
MENU
    ビジネス・金融
    クリエイティブ
    ライフスタイル
    注目
    1%ポイントバック対象

    定価 1,000,000円

    • 味村  彰久
    • 最終ログイン 約9時間前
    • 対面
    • 東京都
    • 場所 立川のスターバックス エキュート立川店
    • 発行日 約2年前 最終更新 10ヶ月前
    • はじめに

      このチケットは経営のコンサルティングに乗るチケットです。期間は1年間に設定しています。また、1年間は曜日で区切るものとします。例えば、何月末の4週目の土曜日に会ったら、翌年の同じ月の4周目の土曜日までとします。

      1 曜日、時間帯、場所

      曜日は土曜日とし、時間帯は9時から12時の間とします。場所は立川駅の改札から近いエキュート店のスターバックスとします。

      2 時間

      時間は相談によって決めようかと思います。基本は

      1 30分
      2 60分
      3 90分
      4 120分
      5 150分
      6 180分

      のどれかになるかと思います。

      3 頻度

      1 週に1回
      2 月に1回
      3 3ヶ月に1回
      のどれかになるかと思います。

      4 個別相談と概要は同じ

      経営の個別相談に乗ります!!
      https://www.timeticket.jp/items/65567

      その他、できることなどの概要は個別相談と同じような形になります。

      5 このチケットのメリット

      個別相談と異なるのは定期的に会うと言う点になります。また、期間を1年間と設定しています。このチケットは3ヶ月、6月などのさらに短い期間ではなく、2年間、3年間などの中期、4,5年間の長期でもありません。

      上記のチケットの作成なども検討はできなくもないですが、今回は1年間と言うスパンを尺度して考えます。まず、このチケットでは定期的に会うことができ、話をすることができることがメリットになります。

      特に、1回限りの相談を受けている人はいるかもしれませんが、それが1年間の時間を取り、定期的に会うと言う人は少ないとも言えます。そのため、まず1回との比較をするなら1年間と言う尺度で考えることができるのがメリットです。

      6 状況の変化を話す

      問題にはそれぞれ期間があります。つまり、その問題の重みや量によって、長引くか、一度で終わる場合があるのかと言うことです。簡単に解決することができない場合、定期的に会い、状況を確認していくことが大事です。

      7 モチベーション、やる気の維持

      起業をすることが難しい環境から、条件や環境を問わなければ比較的に簡単に起業、フリーランスとして働くことができる時代になってきていると思います。しかし、店舗や建物を必要とする場合はハードルが高くなります。

      また、今までにない形を見据え、それを形にしようとするモデルケースが少ないために共感を得られる割合も少ないと言えます。よって、イメージ図はなんとなできていても、それを1つ1つ実現するのに時間が必要です。

      なかなか前に進まないとモチベーションなどやる気の面が下がってしまいます。促進が可能となる機会に遭遇するまでのモチベーションを維持していくためにも、今後、どうしていくかなどの相談の機会があった方が良いと思われます。

      脳科学的に言うと、モチベーションと学習には相関関係が確かあると言われています。つまり、その実現をするためのモチベーションを維持するには、それを実現するためにはどうするかと解を出し、知る学習があればいいと言うことです。

      話をする、話を聞くということで、より良い答えがでてくれば、それは自分の目的を例え数%でも前に進むことができる可能性のあるものかもしれません。そしたら、小さくでも希望が見え、開けていく期待を持つことができるでしょう。

      利用者の整理

      すでに事業を始めている場合には利用者の存在があるかと思います。まず利用者の整理を行います。利用者や扱う内容が多すぎると頭がこんがらがってしまいます。よって、事業を継続していくためにも整理が必要になります。

      それらの情報を整理していくことで、次はどうしたらいいかなどを一緒に考えていければいいかと思っています。基本的にはEXCELなどを活用して利用者を整理していくのが一般的な作業になります。

      法的な対処の機会

      事業を始める前、事業を始めた時、事業を進み始めた時、事業を進めていくにあたっては予想の付かない問題に遭遇することもあります。起業や事業を始めることに頭がいっぱいになると、それらに気を向けられないこともあります。

      ときには法的な対処も検討したり、相談したりしなければならなくなる状態であったとしても、それに気づかずに前に進んでしまう可能性もあります。それらを放置しておくと悪化して経営に支障が出る場合もあります。

      もちろん、法的な相談は弁護士などの独占業務となると考えれますので、法的なことは弁護士などに相談をすることになります。しかし、例えば弁護士に相談してはどうでしょうか?ということへのアドバイスや判断は可能です。

      経営コンサルタントは、そういったことの判断も含めていると考えます。それは、どうしたら経営を長く続けていくことができるのか。利用者が安心して利用することができるかを考える上で大事なことと考えます。

      つまり、こうしたらいいのではないでしょうか?には、ある状態をプラスにすると言うことだけでなく、マイナスの進行を止めたり、0に戻したりすることも含んでいくるということです。

      おわりに

      ここに書いていないことで知るべき要素は上記のリンクの個別相談のチケットに含まれているものとします。また、時間が長くなる場合は移動や休憩なども含めていきます。

      他のチケット

      43 経営の個別相談に乗ります!!

      https://www.timeticket.jp/items/65567

      45 📧+📞[TM+Tel対応]ブログ記事を確認します!!

      https://www.timeticket.jp/items/66764

    このチケットのホスト
    Yh0t00mm72fqbv3chcvq

    味村  彰久
    🌅 21世紀の経営コンサルタント

    最終ログイン 約9時間前

    🌄 目標は1000枚の発行と販売!!

    ✅本人確認資料提出済

    ログインして購入手続きへ
    • 承認率 100%
    • メッセージ既読率 100%
    • メッセージ平均返答時間 13時間以内
    • ポジティブな評価 100%
    • レビュー 1
    • いいね 2
    味村  彰久 さんのほかのチケット

    レビュー1 件

    同じカテゴリーの人気チケット

    知識・スキル・経験を売買する

    次の時代のマーケットプレイスへ