10%OFFクーポン対象
1%ポイントバック対象

定価 90,000 100,000

  • Nao
  • 最終ログイン 約1ヶ月前
  • 対面 オンライン
  • インターネット
  • 発行日 8ヶ月前 最終更新 8ヶ月前
  • 大学卒業後、大手保険会社の営業職として代理店、銀行に保険の知識・販売方法を教えていました。が、会社の営業方針に不満があり、勧めたくないものを販売するのどうしても嫌で退職しました。

    保険は手数料ビジネスで、「手数料が高い物を売ろう」とする販売者の心が、顧客への提案を歪ませます。将来、顧客の財産になるような商品は手数料が低く設計され、報酬に対し時間と労力に見合わないため、提案されにくくなります。

    企業は営利追求をするのが当たり前で、儲かる商品を開発し、多額の広告費をかけても儲かるように保険料を設計し、流通させます。テレビCM、Youtube広告、検索エンジンで見かける商品は、当然、掛け捨て型。

    一方、消費者は、保険のことを小難しいもの、めんどくさいもの、学ぶ対象ではないものと考える人が圧倒的に多く、「保険のことをしっかり学びたい」と、そもそも思わないし、学べる場所も多くありません。

    一般的に保険の選び方は、こうです。

    「とりあえず、月々の支払いが安いから入っとこ」
    「考えるのめんどくさいし、時間ないから、あんたの言う通りにするよ」

    保険は、使い方次第では、財産を築くことにもなれば、数百万レベルで散財する
    ことにもなるもの、なのにです。

    Amazonや楽天やヤフオクで、1円でも安く、良いものを買おうとする時間と労力は、保険を学び、数百万レベルの財産を守り育てる努力に使われません。

    平成元年から30年、日本はデフレで給料も上がらず、暗い時代を過ごしてきました。さらに消費税が上がり、働いても働いても豊かになれない国になりました。

    そんな経済環境の中で、誰でも簡単にできて確実に財産を築く方法は、保険を学び、豊かになる道を選択することです。

    「保険は難しい、わかりにくい」と思っていませんか?

    断言します。
    「保険は単純、カンタン」です。

    保険は小難しい言葉が多く、内容もつまらないので理解しにくく、考えるのが面倒くさいだけです。1つ1つ紐解いて単純化して考えれば、なんてことありません。

    ※本サービスは、特定の保険商品を勧めるものではありません。
     あくまでも、保険の知識を得ることにフォーカスしています。

    ◆保険の本当の値段は?
    保険料の計算式 = 月額保険料 × 12ヶ月 × 支払年数

    (例) 医療保険 30歳 男性 月額保険料3,000円 終身払い
    男性の平均寿命 81歳 (2019年データ)
    3,000円 × 12ヶ月 × 51年 = 183万6千円

    上記はよくある医療保険です。
    入院日額 1万円になしかしらの特約をつけると3000円になります。
    実に、183万6千円支払うことになります。
    契約した瞬間、保険料を払い続ける限りこの未来は確定します。

    183万6千円の契約を、「なんとなく」、「他人が言うから」、「みんな加入しているし」契約して大丈夫ですか?

    私は、契約しません。
    もちろん、会社員時代は加入していました。
    なぜなら、「会社から給料をもらっている身だったから」です。
    この商品が好きで好きでたまらなくて入りたい商品ではありません。
    仕方なく、です。

    理由は簡単。
    183万6千円分、入院して給付受ける確率が低いから。

    ◆個人年金保険は元本保証で120%増える、素晴らしい商品?
    (例) 30歳 男性 月額保険料 1万円 60歳まで支払い
    年金額(概算) = 1万 × 12ヶ月 × 30 年 × 120% = 432万円 (元本 360万円)
    360万円に対して、432万円なので72万円増えました。
    元本保証でリスクなしで増えた!やったーー!

    果たしてそうでしょうか?
    私は、契約しません。

    お金を30年の長期運用する場合は、インフレ率を考えなければなりません。
    日本銀行は、HPに「2%のインフレ目標を掲げています」
    https://www.boj.or.jp/mopo/outline/qqe.htm/

    例えば、毎年物価上昇率が2%の場合、100万円は30年後に約55%目減りする計算になります。

    平成1年 60円で買えたブラックモンブランという九州ではお馴染みのアイスは、
    平成30年では 税抜きで100円となりました。

    つまり、上記の個人年金の契約は、数字上増えたけど、30年後の未来では、価値は半分ぐらいになっていると言うことになります。

    30年後の老後に向けた、資産形成は、2%の物価上昇に耐えうるものでなければ、意味がありません。つまり、2倍以上増やさなければ意味をなさない、と言うことです。

    「元本保証は、数字は減らないが、価値を保証するものではありません」

    上記の契約例にインフレ加味して考えます。
    元本360万円 → 420万円 になっていますが、
    実質は 元本360万円 → 231万円分の価値に目減り(420万円×0.55)しています。

    最低でもインフレに負けないようにするためには、
    元本360万円が2倍の720万にする必要があります。

    長期契約をする時は、インフレに対応しているかどうかが、大きなポイントです。

    ■ 経験・実績・スキル
    ・大手保険会社に4年間勤務し、ほぼ全ての損害保険、生命保険を販売した経験があります。

    ■ 提供できること
    ・「保険の本質を学び、自分で選択する力」をご提供します。
    ・この力を身につけることで人生における保険の無駄が省かれ資産形成する力が備わります。
    ・(例) 43歳 男性 65歳時の保険資産 before +105万円 after +395万円 (差額+290万円)
    43歳 女性 65歳時の保険資産 before +175万円 after +722万円 (差額+547万円)
    ・上記は知っているか知っていないか、だけの差です。
    ・家族の内、1人が知っておけば、配偶者、子供にも同じことをできます。
    ・本質的な知識なので、時代が変わろうとずっと使える知識です。

    ※本サービスは、特定の保険商品を勧めるものではありません。
     あくまでも、保険の知識を得ることにフォーカスしています。

    ■ こんな人におすすめ
    ・本質を学び、自分の糧にしたい方
    ・ネットに流れているような中途半端な知識で時間と労力を無駄にせず、短時間で本質的な知識を学び、活用できる状態にしたい方

    ■ 調整可能な曜日・時間帯
    ・応相談

    ■ 購入にあたってのお願い
    ・当日のお申し込みはご遠慮願います。
    ・3日から1週間前後の余裕を持った日時でお申し込みください。
    ・購入申込時に第三希望まで日時をお知らせください。

    ■ よくある質問
    Q. オンラインでのやり取りは可能ですか?
    A. 可能です。Skype、Facebookメッセンジャーなどご希望の方法をご連絡ください。

    Q. どのくらい時間がかかりますか?
    A. 人によって理解度は様々です。納得、満足していただけるまで教えます。

このチケットのホスト
Jfmbgcohoas7cb0tcl2c

Nao
学び、そして選択する力

最終ログイン 約1ヶ月前

大学卒業後、大手保険会社の営業職として代理店、銀行に保険の知識・販売方法を教えていました。が、会社の営業方針に不満があり、勧めたくないものを販売するの嫌いで退職。保険をはじめとする金融商品は手数料ビジネスで、「手数料が高い物を売ろう」とする販売者の心が、消費者への提案を歪ませます。私は、消費者が面倒くさがらずに「金融商品を正しく理解し、選択する力」を身につけない限り、本当に満足感のあるサービ...

✅本人確認資料提出済

ログインして購入手続きへ
  • 承認率 -
  • メッセージ既読率 100%
  • メッセージ平均返答時間 14時間以内
  • ポジティブな評価 100%
  • レビュー 1
  • いいね 0

レビュー1 件

同じカテゴリーの人気チケット

わたしの30分、売りはじめます。

あなたの30分、買ってみます。