10%OFFクーポン対象
1%ポイントバック対象

定価 71,100 79,000

  • 六本木タツヤ
  • 最終ログイン 2日前
  • 対面 オンライン 電話 メッセージ
  • インターネット
  • 場所 電話、メール、メッセージ
  • 発行日 7ヶ月前 最終更新 7ヶ月前
  • こんにちは!
    WikipediaやYahoo!ニュースでもお馴染み、日本初の「全米第1位」海外出版専門プロデューサー、六本木 タツヤ(本名:辰也)です。
    海外の方からは、Tony Ropponの名で親しまれています。

    【僕にできること】
    僕は、あなたを「いますぐ」海外出版させて、全世界の人に広めることができます。
    そして、100%確実に……とはお約束できませんが、かなりの高確率で、「全米第1位」「全独、全仏、全英第1位」など、全世界のベストセラーランキングで上位ランクインさせることができます。

    必要なのは、何枚かの写真、または、英語で書かれた文章だけです。
    それらをお預かりしてから一週間以内に、あなたを「世界のベストセラー」にすることができます。
    この料金が79800円です。

    【僕の経歴】
    僕は数年前に、とある出版社から、紙の本を商業出版してもらいました。
    ところが、その出版社が倒産してしまったため、せっかくの本が「絶版」になってしまいました。
    そこで僕は、自分で原稿を作り直して、AmazonのKindleで出すことにしました。

    [Amazonで「六本木タツヤ」で検索)

    ここまでは誰でもできるのですが、物好きな僕は、英語に翻訳して海外出版してみたところ、意外に多くの人が読んでくれることに気が付きました。
    そして試行錯誤の末、かなりの確率で「全米第1位」などの実績を連発できるようになりました。
    そのおかげで、Yahoo!ニュースやWikipediaにも取り上げられたわけです。

    (Wikipediaで六本木タツヤ検索)

    【出版したい方へ】
    いまだに、日本で、日本語で、日本人向けに、紙の本を出版したい……という方が多いのには、驚きます。
    だって、誰が読むんですか?
    いまどき、日本語で書かれた紙の本なんて、誰も読まないですよ。

    ただでさえ、日本人の人口は、坂道を転げ落ちるように爆発的に減少しています。
    ということは、本を読む人も少なくなるので、書店も出版社も、バカスカ潰れています。
    その結果、電車の中では、誰も本なんか読まないで、スマホやデバイス、タブレットで電子書籍を読んでますよね?
    この状況は、これからどんどん加速していくに決まっています。
    こんな時代にわざわざ、日本で、日本語で、日本人向けに、紙の本を出すことに、何の意味があるのでしょうか?

    出版社だって商売ですから、倒産のリスクを回避するためには、「確実に売れる本」しか出せません。
    その結果、どこの本屋にいっても、同じような本ばかりが並んでいて、ますます本屋に行く人が減るのです。
    だって、つまんないですからね!

    であれば、無名の著者なんか、自分で何百万円もお金を払って、自費出版で出すしかありません。
    当然、そんな本を並べてくれる書店はないし、そもそも書店そのものが減ってるのですから、あなたの本が書店に並ぶことは「あり得ない」と思った方がいいでしょう。
    それがいやなら、せいぜい売れてる本を「パクる」しかありません。

    それでも「紙の本が出したい」という方は、頑張って出せばいいと思います。

    【イノベーターたちへ】
    僕は、これからの日本人は、全世界の市場に向けて、英語で書いた本を海外出版するのが「当たり前」だと思います。
    翻訳なんか、いまどきはA.I.がやってくれますので、心配することはありません。
    僕が、翻訳者をご紹介することもできます。

    しかし、現在はまだ、そういう革命的なことをやっているイノベーターは少ないので、僕たちが英語で海外出版すれば、かなりの確率でベストテンに入れるのです。
    そしてこれからは、誰もがそうするようになっていくので、日本語の本はどんどん減っていき、やがては絶滅するでしょう。
    かなり前に孫正義が言っていたとおり、日本語の本は、刀や鎧カブトと同じように「美術工芸品」として、ガラスケースに収められるようになります。
    これは「確実な未来」です。

    【全米第1位になれば】
    あなたも、全米第1位になるチャンスが、かなりあります。
    一度でも「全米第1位」になれば、それを名刺やブログ、ホームページに明記することができます。
    そして僕のように、メディアやWikipediaから取材されることもあるでしょう。
    さらに僕の場合は、外資系の会社が日本に上陸する際、ビジネスのお誘いをいただいたこともあります。

    海外の人から見れば、世界的に本を出版している日本人なんて、そうとう珍しいですからね!

    (Amazonで「Tony Roppon」検索)

    英語なんか、使ってればそのうち憶えます。
    やるなら今しかない、と僕は思います。

    【お問い合わせは】
    そんなわけで、
    「海外出版してみたい」
    「全米第1位になりたい」
    という方は、お問い合わせください。

このチケットのホスト
Bs72ulinzi49ysx3uejr

六本木タツヤ
全米第1位の海外出版プロデューサー

最終ログイン 2日前

日本初の全米第1位・海外出版専門プロデューサーとして、Yahoo!ニュース、Wikipediaにも掲載。自らも数百冊を、全世界のAmazonで出版(海外名はTony Roppon)。あなたの小説、自叙伝、書籍、写真集、作品集を全世界に海外出版し、全米ベストセラーにするお手伝いをします。

ログインして購入手続きへ
  • 承認率 -
  • メッセージ既読率 100%
  • メッセージ平均返答時間 19秒以内
  • ポジティブな評価 -
  • レビュー 0
  • いいね 0

レビュー

まだレビューは登録されていません

同じカテゴリーの人気チケット

わたしの30分、売りはじめます。

あなたの30分、買ってみます。