1ヶ月でフォロワーを2000人以上増やすTwitter集客法

1時間 5,000

インターネット 都内、Skype、通話
  • ビジネス/コンサルティング SNSマーケティング
  • ✅本人確認資料提出済
  • 最終ログイン 1年以上前
  • 対面 オンライン 電話
  • インターネット
  • 場所 都内、Skype、通話
  • 発行日 約2年前 最終更新 約2年前
  • こんにちは!
    マスタングと言います。

    あなたはこんなことに悩んでいませんか?

    「会社に頼らず、個人の力をつけたい」

    「けど、何から始めれば良いか分からない」

    「SNSを活用して、稼ぐスキルを身につけたい」

    などなど。

    もし、あなたにこれらの悩みがあれば
    この先も説明をご覧ください。

    他とは違い、説明だけでも勉強になるように
    書いています。

    僕はこれまで、自分のアカウントだけでなく、
    60人以上のアカウントにアドバイスし、
    成功するアカウントの攻略法
    を見つけました。

    Twitterの仕組みから、
    他のユーザーの行動心理、
    何をすれば商品を欲しがる顧客が増えるのか?

    本質的な部分から研究してきました。

    世の中には、何万人ものフォロワー数を抱えているのに
    売上が上がっていないインフルエンサーが多い。

    しかも、そんな人たちが
    参考にならないフォロワーの増やし方
    を話しています。

    毎日、30ツイート頑張りましょう。
    たくさんリプライを送りましょう。

    などなど、はっきり言って、
    本質とはかけ離れた小手先の話ばかりを
    発信しています。

    正直、彼らインフルエンサーのような
    やり方でフォロワーを増やしたところで
    そもそもフォロワーも増えにくいです。

    仮に増えたとしても、お客さんとして増えているわけではないので、
    商品を販売しても売上が上がらない。

    報われない努力を永遠にこなすことになります。

    逆に、適切に運用していけば、
    自分のお客さんとなってくれる質の高いフォロワーが増えます。

    例えば、僕であれば、
    現在5000人ほどのフォロワー数がいますが、
    収入で言うと月に60万以上を稼いでいます。

    これは、僕だけができて
    再現性がないとかそんなものではなく、

    デザイナーに教えたら、半年後には
    予約待ちができるくらいになる。

    数百人のフォロワー数から、
    1ヶ月で3000人越え、
    半年で10000人越え。
    SNSのコンサル依頼多数

    メルマガのリスト取りように
    Twitterで発信
    →アドバイス後、1ヶ月後には
     リスト登録数が2倍

    などなど、ただフォロワーという
    数字を増やすだけでなく、
    目的に直結するフォロワーを効率的に集めています。

    僕個人ではなく、60人にアドバイスしてきたので
    再現性も持たせています。

    今後は、どこで働いているか?よりも、
    個人がどれだけ影響力を持っているか。
    が重要な時代です。

    今現在ですら、フォロワー数が多い人の給料が上がったり、
    フォロワー数によって優遇が変わるサービスが出てきています。

    そしてこれらは普通な時代に変化していきます。

    そんな時代に取り残されないためにも、
    SNSの知識というものは必要なのです。

    今回のサービスでは、
    あなたのTwitterでの悩みを解決し、
    会社を辞めても問題なくなるような、
    Twitterで個人の力をつける方法について話をします。

    フォロワー数を増やし、影響力をつけ、
    会社を辞めても生活できるよう、
    個人の力をつけたいのであれば
    ぜひご相談ください。

    それでは、よろしくお願いします^^

このチケットのホスト
Pabg3os0u4skueab7ejz

マスタング

最終ログイン 1年以上前

✅本人確認資料提出済

チケット購入手続きへ進む
  • 承認率 100%
  • メッセージ既読率 100%
  • メッセージ平均返答時間 20時間以内
  • ポジティブな評価 -
  • レビュー 0
  • いいね 3
マスタング さんのほかのチケット

レビュー

まだレビューは登録されていません

同じカテゴリーの人気チケット

知識・スキル・経験を売買する

次の時代のマーケットプレイスへ